HOME / 

Saddle(サドル周り) / 

シートポストの長さ調整(カッティング)

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

シートポストの長さ調整(カッティング)

シートポストを新しいものに交換するとき、シートポストの長さが長すぎる場合は、シートポストを適切な長さに切断する必要があります。長すぎる場合、シートチューブのボトルケージ台座などが邪魔で、サドルを適切な高さにセットできなくなります。シートポストの交換については、シートポストの交換を参考にしてください。

必要な工具

メジャーもしくは定規 (シートポストの長さを測るのに必要です)
パイプカッター
金鋸と切断ガイド
ヤスリセット

切断手順

  1. カット後の長さを決める

    ※一度短くしたシートポストを長くすることは不可能ですので、必要以上に切断しないよう気をつけてください。

    切断する長さを決める

    切断する長さを決める

    カットする長さを決める前に、シートポストに「最小挿入線」「Minimum-Insert」などと刻印された部分があるので、そこからシートポストの下端までの長さを測定しておきます。それから、シートポストの突き出し量を決めて、両者の長さを合計した部分から切断します。長さが決まったら、マジックペンなどで印をつけておきます。ポジションが完全に決まっている方以外は、長めに残すことをお勧めします。

  2. カットする実際にカットします。カットする工具には「パイプカッター」、「金鋸+ソーガイド」があります。金属製シートポストの場合、作業のやりやすいパイプカッターを用いる場合が多いですが、カーボンシートポストの場合は、パイプカッターは絶対に使わないでください。シートポストに負担をかけない為に必ず金鋸を使います。
    パイプカッターを使う
    金属製シートポストを切断するのに適しています。

    パイプカッター

    パイプカッター

    1. パイプカッターをセットする。
      パイプカッターを取り付け

      パイプカッターを取り付け

      パイプカッターの取扱説明書に従って、刃をマークした部分に当て、本体のダイアルを回してシートポストを咥えさせます。

    2. パイプカッターを回し、切断する。
      パイプカッターで切断

      パイプカッターで切断

      パイプカッターをゆっくり回し、少しずつダイアルを締めていきます。あわてて回すとまっすぐ切断できませんし、ダイアルを締めすぎると刃を痛めるので注意してください。刃がシートポストの内部に到達したら切断完了です。

      切断完了

      切断完了

    金鋸を使う
    金鋸とソーガイド

    金鋸とソーガイド

    切断箇所に予めセロハンテープを巻いておくことで、切断時のダメージを軽減できます。切断後には必ずはがしてください。

    1. ソーガイドを取り付ける。
      ソーガイドを取り付ける。

      ソーガイドを取り付ける。

      ソーガイドを切断したい部分に取り付け、固定ネジを締めます。

    2. バイス(万力)にセットし、切断する。
      バイス(万力)にセットし、切断する。

      バイス(万力)にセットし、切断する。

      切断しやすいように、ソーガイドをバイスにセットします。セットしたら、ガイドに金鋸を入れ、ゆっくり切断します。

    切断後は、切断面にバリが出ています。切断面をやすり(カーボンポストの場合は紙やすり)で滑らかにしてください。

    必ず断面をやすりがけしてください

    必ず断面をやすりがけしてください

シェアをお願いします!

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!