チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールの特徴

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールの特徴

  1. 1リム

    回転体の外周であるリムを軽量化するためにハイトの低いリムを採用。漕ぎ出しが軽く、横風の影響も受けにくいです。廉価モデルはアルミのリムが主流ですが、高級なものはリムにカーボンを採用し軽量化されています。

  2. 2ハブ

    一般的にはアルミシェルのハブが主流ですが、高級なものはハブシェルにカーボン素材を採用し軽量化されています。ベアリングも精度の高いカートリッジタイプや、分解・調整が容易なカップ&コーンタイプがあります。

  3. 3スポーク

    高級なものはカーボン素材やアルミ素材を採用し軽量化。耐久性やメンテナンス性ではステンレス製がベーシックです。

  4. 4使用可能タイヤ

    チューブレスタイヤのほか、チューブを併用し一般のクリンチャータイヤが使用可能。リム外周側にスポークホールの無いものはクリンチャータイヤを使用する場合でもリムテープは不要です。

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールのブランド

SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース)チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイール

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。とりわけDURA-ACE(デュラエース)は、ロード用コンポーネントの最高峰で、最先端のテクノロジーを余すこと無く盛り込んだものとなっています。ロード用のチューブレス対応ノーマルクリンチャーホイールは、リムハイトが低く、軽量で、ヒルクライムを中心に絶大な支持を受けています。加速性・剛性に加えて優れた走行性を実現しています。

Campagnolo(カンパニョーロ)チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイール

Campagnolo(カンパニョーロ)は、トゥーリョ・カンパニョーロが創業した言わずと知れたイタリアの高級自転車部品メーカーです。Campagnolo Wheelsは、Campagnoloのホイールです。軽量で回転性能の高いホイールが並びます。リムハイトが低く軽量なものから、空気抵抗削減を追求したディープリムまで、用途に応じて選びます。また、トラック競技用のホイールものラインナップされています。クリンチャーシリーズでは、Campagnolo(カンパニョーロ)独自の3Gスポークパターンを採用しています。3Gスポーキングによって横剛性の向上と乗り心地の絶妙なバランスが取れたホイールになっています。上位グレードのSHAMAL(シャマル)やEURUS(ユーラス)ではアルミスポークを採用することで、特に剛性面でさらに優れたホイールとなっています。また、ミドルグレードからハイエンドにかけて2-way-fitモデルを展開しており、クリンチャーだけでなくチューブレスにも対応したモデルをラインナップしています。アルミクリンチャーであるため、練習からレースまで幅広くお使いいただけるホイールがラインナップされています。

FULCRUM(フルクラム)チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイール

FULCRUM(フルクラム)は、自転車をこよなく愛する若い航空宇宙工学エンジニアたちの、革新的なアイデアから誕生した自転車ホイールブランドです。設計とテストを繰り返し、最高の素材と最先端の技術を駆使した製品作りを行っています。また、フルクラムのホイールは、当初より外周の質量をリムの継目と釣り合わせる特別なリム設計「ダイナミック・バランス・テクノロジー」により作られています。この技術により、ホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を得て、スムーズで歪みのない回転を実現しています。FULCRM(フルクラム)のクリンチャーモデルとしてracingシリーズがあります。ハイエンドをracing zeroとして、racing1、racing3と続きます。FULCRM(フルクラム)のホイールの最大の特徴である2:1(two-to-one)のスポークパターンを後輪に採用しており、高い横剛性を実現しています。また、上位機種であるracing zeroやracing 1にはアルミスポークを使用しており、さらに剛性を高め、かかりの良いホイールになっています。近年のアルミクリンチャーは非常に進化しており、そのうちの1つがFULCRM(フルクラム)が世に送り出すracingシリーズであると言えます。ホイールのアップグレードを検討している方に、ぜひおすすめです。

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールについて

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイールのオススメの選び方を紹介します。チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ノーマル)ホイール選びにご参考ください。