ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールの特徴

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールの特徴

  1. 1リム

    高速走行時の空気抵抗低減の為に、リムからハブにかけて円盤状のディスクで構成されています。巡航時の速度維持には優れていますが、横風の影響を非常に受けやすい。ロードでは風の弱い日のタイムトライアルに使用されます。カーボンを採用し軽量化したものが一般的です。

  2. 2ハブ

    一般的にはアルミシェルのハブが主流ですが、高級なものはハブシェルにカーボン素材を採用し軽量化されています。ベアリングも精度の高いカートリッジタイプや、分解・調整が容易なカップ&コーンタイプがあります。

  3. 3使用可能タイヤ

    チューブ・リムテープを併用し一般のクリンチャータイヤが使用可能です。

ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールについて

チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイールのオススメの選び方を紹介します。チューブレス対応ロードバイク用クリンチャー(ディスク)ホイール選びにご参考ください。