マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイール

チューブラータイプは、専用のチューブラーテープやリムセメントやでホイールとタイヤを貼り付けて固定するタイプのホイールになります。グリップ力に優れ軽量でパンクしたときも一気に空気が抜けず少しずつ抜けるので安心です。ただ取り付けや交換に手間がかかるといデメリットもあります。 マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイール

マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールの詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

古くからメインであるため、もっとも多いのが26インチタイプになります。小サイズを生かした取り回しの手軽さ、駆動力にすぐれます。

27.5インチ(650B)

27.5インチ(650B)

各メーカーが力を入れており、次世代の主流になるのではないかといわれているサイズです。

29インチ

29インチ

現在クロスカントリーの主流になっているのが29インチです。

マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールのおすすめブランド

TUFO(ツーフォー)

25年間、一人でゴムタイヤに挑み続けたチェコの男。ミロスラフ・クラヴァルの情熱は、TUFO(テューフォー)を生み出しました。クラフトマンシップは、チェコのTUFO 製造工場に息づいており多くのアスリートの走りを支えます。ミロスラフの情熱に感銘を受けた多くのレーサーたちがTUFOに協力する、そしてTUFOは新しい商品を作る、このサイクルでTUFOは、名門タイヤメーカーとしての地位を築きあげました。

SHIMANO XTR(シマノXTR)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの最高峰に位置するXTRは、ワールドクラスのクロスカントリーレースや本格トレイルライドをメインに、あらゆるライダーのニーズに応えるべく最先端のテクノロジーを余すところ無く盛り込んでいます。チューブラーホイールは、クロスカントリーに最適な29インチサイズのホイールにラインナップがあります。軽量フルカーボンリムホイールは、クロスカントリーレースで活躍すること間違いなしです。

マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールについて

マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクXC用(チューブラー)ホイール選びにご参考ください。