マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイール

DH用タイヤは、下りでも路面をしっかりと捉えるためにタイヤが太めで幅が2.3-2.5なっています。チューブレスタイヤということで、乗り心地がよさ・耐パンク性などが挙げられます。普通のチューブタイヤで低い空気圧で走っているとリム打ちでパンクに繋がることがありますが、チューブレスタイヤはそもそもチューブ自体がないので、そのような自体は起きません。 マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイール

マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールの詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

最高速よりトルクを重視するDH用では基本的には26インチが主流になっています。

27.5インチ

27.5インチ

ダウンヒルの主流である26インチに対抗するサイズが27.5(650B)です。

29インチ

29インチ

クロカントリーなどでよく使われる29インチですがDH用はこれからの市場です。

マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールのおすすめブランド

crankbrothers(クランクブラザーズ)

crankbrothers(クランクブラザーズ)は美しいスポーツバイクを目指す、アメリカのブランドです。MTBペダルに関して、シューズとクランクをいかにしてシンプルにつなぐかということからスタートしました。自転車競技にも使われる機能的なパーツでありながら、デザインを妥協しないのがクランクブラザーズの美学です。

EASTON(イーストン)

EASTON(イーストン)は、1990年にアメリカで誕生したパーツブランドです。アルミとカーボンについて秀でた技術をもち、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮する製品の開発に取り組んでおり、多くのライダーから支持を得ています。ロード用・MTB用のホイールから、ハンドル・ステム・シートポストを主にラインナップし、フロントフォークやグリップなどの各種アクセサリーも展開しています。

MAVIC(マヴィック)

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。

マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールについて

マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクDH用(チューブレス対応)ホイール選びにご参考ください。