マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイール

オールマウンテン用タイヤは、山の中を楽しく走りたいという方向きのタイヤになります。タイヤも少し太めです。チューブレスタイヤということで、乗り心地がよさ・耐パンク性などが挙げられます。普通のチューブタイヤで低い空気圧で走っているとリム打ちでパンクに繋がることがありますが、チューブレスタイヤはそもそもチューブ自体がないので、そのような自体は起きません。 マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイール

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールの詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

基本的な26インチサイズのタイヤの商品になります。

27.5インチ

27.5インチ

次世代の主流になるのではないかと言われており、各メーカーが力を入れているサイズになります。

29インチ

29インチ

タイヤの大きさから走行性能のよさが人気の29インチのタイヤの商品になります。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールのおすすめブランド

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ XT)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの上位に位置するDEORE XT(デオーレXT)は、レースからファンライドまであらゆるレベルのライダーのニーズに応えるべく、最上位コンポーネントであるXTRから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。チューブレス対応のオールマウンテンホイールは、軽さと剛性のバランスの良いフロント15mmのスルーアクスル仕様をメインに展開しており、ハイエンドモデルの先進技術を投入したものとなっています。

EASTON(イーストン)

EASTON(イーストン)は、1990年にアメリカで誕生したパーツブランドです。アルミとカーボンについて秀でた技術をもち、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮する製品の開発に取り組んでおり、多くのライダーから支持を得ています。ロード用・MTB用のホイールから、ハンドル・ステム・シートポストを主にラインナップし、フロントフォークやグリップなどの各種アクセサリーも展開しています。

FULCRUM(フルクラム)

FULCRUM(フルクラム)は、自転車をこよなく愛する若い航空宇宙工学エンジニアたちの、革新的なアイデアから誕生した自転車ホイールブランドです。設計とテストを繰り返し、最高の素材と最先端の技術を駆使した製品作りを行っています。また、フルクラムのホイールは、当初より外周の質量をリムの継目と釣り合わせる特別なリム設計「ダイナミック・バランス・テクノロジー」により作られています。この技術により、ホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を得て、スムーズで歪みのない回転を実現しています。

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールについて

マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイールのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイクオールマウンテン用(チューブレス対応)ホイール選びにご参考ください。