3本ローラー台の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3本ローラー台の特徴

3本ローラー台の特徴

  1. 1負荷機能

    負荷機能については、上位モデルには比較的多く搭載されており強度の高いトレーニングが可能、入門モデルなどでは負荷装置なしのものが一般的です。製品によっては後付で負荷装置を取り付けられるものもあります。

  2. 2ローラー

    ローラーは走行性に大きく影響します。大きな径のものは剛性や安定性が比較的高くなります。ローラーの両端がせり上がったつづみ型ローラーは、タイヤが脱輪しにくく、ライディングに集中できます。タイヤが接触する外周部の素材を工夫することで静粛性を高めているものもあります。

  3. 3折畳み

    多くのモデルで折りたたみ機構が搭載され、使用しない時はコンパクトに保管、レース会場への移動・運搬が可能になっています。上級モデルや剛性を重視したモデルでは折りたたみ出来ないものがあります。

3本ローラー台の魅力

3本ローラー台の魅力

3本ローラー台は固定ローラー台と違い、誰もが簡単に乗れるものではありません。

正しい姿勢でまっすぐ走行することができなければ、ローラーからタイヤが脱輪し、転倒へとつながります。逆に言えば、乗れるようになれば、安定した姿勢・ペダリングで走行できるようになっていきます。
簡単には乗れないので乗れるようになれば嬉しいものです。初めて補助輪を外した自転車に乗れた幼少期の感動に似た感情を覚える方もいます。3本ローラーに乗れるようになった、と。

そのような楽しさも3本ローラーならではの魅力です。
もっと極めようとする人は、ハンドルから手を離したり、ボトルケージからボトルを取り出して水分補給をしたり、ジャージを着替えたり、補給食を食べたりすることに挑む人も多くいるようです。

固定ローラー台の様にリアホイールを固定する作業もなく、ローラー台の上に自転車をポンっと置くだけで設置できる手軽さもいいところです。

くれぐれも安全に気をつけて3本ローラーにお乗りください。

3本ローラー台のブランド

ELITE(エリート)固定式ローラー台

イタリア・ELITE(エリート)社は、ツール・ド・フランスのオフィシャルスポンサーを勤めるなど、レース活動にも積極的に関わっています。日本ではボトル、ボトルケージで有名ですが、実は欧州シェアナンバーワンを誇るホームトレーナーのブランドでもあります。固定式ローラー台は、ベーシックな負荷機能を持ったコンパクトなものから、レーサーが本格的にトレーニングとして使う高負荷トレーニングに対応したものまであります。パワーフルードを搭載する静粛性の高い負荷ユニットモデルが人気です。

MINOURA(ミノウラ、箕浦)固定式ローラー台

MINOURA(ミノウラ)は、1933年に荷台・スタンドのメーカーとして設立された日本のメーカーです。1985年に世界で最初の一般向けワークスタンド(自転車整備台)「W-1」を、そして1989年にはこれも世界で最初の永久磁石を利用したトレーナー(室内練習機)「マグターボ」を開発し発売しました。現在は、ローラー台を始めとするサイクルトレーナーやキャリア、キックスタンド、ワークスタンド、室内や車内での使用を目的としたディスプレイスタンド、その他アクセサリー等を展開しています。

そのアクセサリの精度や品質は、多くのプロチームからも信頼を得ており高い評価を得ています。固定式ローラー台

Tacx(タックス)を言葉で表現すると、質実剛健、スタイリッシュなトレーニングマシーンを作るブランドです。また高品質でスタイリッシュなライト、プーリー、ボトルなどのアクセサリも提供しており、多くのファンを魅了しています。そのアクセサリの精度や品質は、多くのプロチームからも信頼を得ており高い評価を得ています。

CycleOps(サイクルオプス)

CycleOps(サイクルオプス)はアメリカを拠点とするメーカーで、2002 年には世界初のプログレッシブ(自然な走行抵抗曲線)式マグネットトレーナーを発売しました。 CycleOps は常に革新を求めて研究開発を続け、世界最高峰のロードレースを走るチームやトライアスロンのトップ選手等をサポートし、アスリートが必要としているトレーニング機材の最先端を目指しています。

JET BLACK

JETBLACK(ジェットブラック)はオーストラリアのローラ台メーカーです。静粛性と実走感そして安定感に優れたローラー台を生み出しています。
また、収納時にはコンパクトになるように設計されています。常に一般ユーザーのことを考えた製品開発を行なっているメーカーと言えます。

ローラー台レンタルサービス

3本ローラー台について

3本ローラー台の特徴・選び方を詳しく解説。3本ローラー台の選び方が分からない、迷ってる方に、3本ローラー台のオススメの選び方を紹介します。3本ローラー台選びにご参考ください。