米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

  1. 1バルブ長

  2. 素材一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチのブランド

SCHWALBE(シュワルベ)米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチ

SCHWALBE(シュワルベ)は1901年に誕生したドイツのタイヤブランドです。ツーリング用として世界一の販売量を誇る"Marathon"や、MTB用では最軽量の"FastFred"を誕生させています。開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。SCHWALBE(シュワルベ)はタイヤメーカーでありながら、チューブのラインナップも様々な種類のタイヤごとに多いと言えます。チューブには仏式・米式・英式の3種類がありますが、米式チューブはバルブ口が丈夫で、チューブの厚みも十分であり、MTBでの使用に向いていると言えます。MTBでは、オフロード走行時にグリップやトラクションを稼ぐためにタイヤの空気圧を低圧にして使用するので、丈夫なチューブが必要とされます。また、最近ではMTBのホイールも多様化してきており、従来の26インチだけでなく650Bや29インチ径のホイールやタイヤの種類もだんだん増えてきました。SCHWALBE(シュワルベ)ではそれらの種類にも対応しているので、多くの自転車でSCHWALBE(シュワルベ)のチューブを使用できます。

TIOGA(タイオガ)米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチ

TIOGA(タイオガ)は、アメリカのブランドで、タイヤ、輪行袋、ホイールケース、サドルバッグ、ボトルゲージ、バッグ、ブレーキパッド等を豊富に扱っている、信頼の総合自転車パーツメーカーです。ロード用・MTB用・クロスバイク・小径車・BMX用など様々なジャンルに対応するものを展開しており、用途や規格に合わせて適切なものを、比較的お求めやすい価格で提供しています。総合自転車パーツメーカーとなったTIOGA(タイオガ)では、自転車周りのパーツを豊富なラインナップ取り扱っています。自転車には無くてはならない必需品としてサイクルチューブがありますが、TIOGA(タイオガ)では様々なサイズや種類をラインナップしています。バルブ口によって、英式・仏式・米式の3種類がありますが、それぞれに対してタイヤ径や太さに合わせて最適なチューブが選択できるようになっています。MTBで主流になりつつある29インチ規格のチューブもラインナップされており、スペアチューブとして持ち歩くことをおすすめします。

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチについて

米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方を詳しく解説。米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチの選び方が分からない、迷ってる方に、米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチのオススメの選び方を紹介します。米式(アメリカン)バルブのサイクル用チューブ29インチ選びにご参考ください。