仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチの特徴

  1. 1バルブ長

    ハイトの低いリムには32〜40mm位のもの、ディープリムには42〜60mm位のもの、更には別途バルブエクステンダーの使用が必要な場合もあります。

  2. 2素材

    一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチのブランド

MAXXIS(マキシス)仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチ

MAXXIS(マキシス)は、パフォーマンス、安全性、パワーと耐久力を追求し続けるタイヤメーカーです。スリックタイヤ、クロスカントリー、ロード、DH(ダウンヒル)、BMX等、レースからシティユースまで、幅広くタイヤをラインナップしています。確かなテクノロジーとプロライダーによるテストを経て製品化されています。チューブはバルブの種類によって様々な種類があり、フレンチ・アメリカン・イングリッシュが一般的です。その中でも、仏式と呼ばれるフレンチバルブを持ったチューブは、空気圧を高圧に入れられるようにできています。また、空気圧の調節も容易であり、扱いが非常に容易なモデルになります。そのため、ロードレーサーやクロスバイクなどに使用されることが多いです。一般的には米式と呼ばれるアメリカンバルブのチューブを使用するMTBですが、普段の生活の足として使用するようなMTBでは、むしろ仏式のチューブの方がメンテナンス性にすぐれ便利な点が多いこともあります。またバルブ長にも種類があり、MAXXIS(マキシス)では最大60mmまで選ぶことができます。MTBホイールによってはリムハイトが大きいものがあるので、使用するホイールに合わせて選ぶと良いでしょう。

仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチについて

仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチの特徴・選び方を詳しく解説。仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチの選び方が分からない、迷ってる方に、仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチのオススメの選び方を紹介します。仏式(フレンチ)ロングバルブのサイクル用チューブ29インチ選びにご参考ください。