英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチの特徴

英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチの特徴

  1. 1バルブ長

  2. 素材一般的にはブチルゴムが使われますが、しなやかで乗り心地の良いラテックスゴムなどもあります。

  3. 3重量

    薄い物は軽量だが耐久性で劣りますが、分厚いものは耐久性に優れる分、重いです。

  4. 4サイズ

    一般的に適合サイズには幅があり、その範囲に入っていれば使用可能です。

英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチのブランド

BBB(ビービービー)英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチ

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。チューブのラインナップも同様で、一般的に最も流通しているイングリッシュバルブを取り入れた英式チューブのラインナップも豊富です。英式チューブはバルブの中にある無視ゴムを定期的に交換することでメンテナンスを必要としますが、一般的に最も流通しており入手性に優れます。20インチを始めとした小径車に対応したチューブのラインナップも豊富です。

IRC(井上ゴム)英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチ

IRC(井上ゴム)は1926年に誕生した日本のタイヤブランドで、日々の自転車生活を支えるタイヤから世界最高レベルのレースで勝利を勝ち取るためのタイヤを提供するタイヤメーカーです。自転車だけではなく、オートバイや車椅子用のタイヤも製造しています。IRC(アイアールシー)ではタイヤだけでなく、チューブについて幅広くラインナップしています。もともとゴム製品を扱う日本国内のメーカーであり、その製品の精度やサポートについては信頼できるものがあります。チューブにはバルブの口によって、アメリカン・イングリッシュ・フレンチの3種類に大別することができます。その中でもイングリッシュバルブのチューブは、シティ車と呼ばれる、所謂ママちゃりに使用されることが多いです。イングリッシュバルブのチューブは高圧に空気を入れることに適しておらず、また空気圧の調節もできないためスポーツ車には適していません。しかしながら、構造が簡単であり、一般的に流通しているチューブのほとんどがイングリッシュ式のチューブなので、出先でパンクした際にも容易に手に入るというメリットもあります。また、たいていのポンプはイングリッシュ式に対応しているので、そのあたりの便利さもあります。

KENDA(ケンダ)英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチ

KENDA(ケンダ)は、自転車ばかりでなく世界の自動車タイヤのOEMも手がける総合タイヤメーカー。ジョントマックをはじめエリックカーターやブライアンロープスなど様々なライダーを迎え各種MTBタイヤの開発を行っています。そのタイヤは世界中のライダーに愛用され、日本国内の各カテゴリーでも高い評価を受けています。KENDA(ケンダ)ではタイヤのラインナップはもちろん、チューブのラインナップも豊富です。チューブのバルブの種類に加えて、タイヤの径と太さごとに多くの種類があります。チューブには大きく分けて3種類ありますが、その中でもイングリッシュと呼ばれる英式のチューブは構造が非常にシンプルなため、バルブが原因の修理が容易です。また、英式のチューブは一般的に最も流通しているため出先でも手に入りやすく、利便性が高いと言えます。KENDA(ケンダ)でも英式チューブのラインナップが多く、使用しているタイヤに合わせてチューブサイズを選ぶことができます。

英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチについて

英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチの特徴・選び方を詳しく解説。英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチの選び方が分からない、迷ってる方に、英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチのオススメの選び方を紹介します。英式(イングリッシュ)バルブのサイクル用チューブ20インチ選びにご参考ください。