ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤの特徴

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤの特徴

  1. 1コンパウンド

    耐摩耗性の高いコンパウンドが用いられるので、レース用よりはグリップ力は劣るが長寿命のモデルが多いです。

  2. 2ケーシング

    ナイロンやポリエステルといった化学繊維を採用し耐久性を向上しています。

  3. 3チューブ

    空気の保持性が高いブチルチューブを採用するモデルが多いです。

  4. 4サイズ

    27インチもしくは28インチと呼ばれるサイズが主流です。クリンチャーでいう700cと同サイズです。

ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤのブランド

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤ

Vittoria(ヴィットリア)は自転車タイヤの世界的メーカーです。ロードタイヤのVittoria、MTBではGEAXとして2つのブランドを展開しています。「パフォーマンスの向上はサイクリストの役目。そこからさらに上のレベルの道具を提供するのは我々の役目」。そのような自転車文化への貢献と責任感をもったメーカーがvittoriaです。ロードトレーニング用チューブラータイヤは、ブチル製のインナーチューブを用い、お求めやすい価格で扱いやすいタイヤを並べています。木製トラックの走行にも対応するトラック競技モデルも展開されています。

SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤ

SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)といえば、シームレスタイヤを思い浮かべる人も多いのでは? つなぎ目のないチューブラータイヤは世界で唯一の技術であり、かつ職人が全て手縫いハンドメイドで製造するため一人当たり3本強しか生産できません。本当にいいものを使いたいプロや上級者に選ばれるには理由があるんです。SOYO(ソーヨー)では長い間ロード用タイヤを製造してきており、そのノウハウを生かした製品作りをしています。特に、1秒以下のタイム差を競うトラックレースで使用するタイヤも製造しているため、タイヤの精度や性能の高さには定評があります。この技術はロードレース用のタイヤ製造にも生かされています。ロード用タイヤのラインナップには練習用タイヤもラインナップされていますが、SOYO(ソーヨー)のエントリーモデルは他社メーカーの廉価版エントリーモデルよりも優れており、普段使いであっても安心して使用することができます。また、エントリーモデルにはパンクリスクの低いブチルチューブが使用されているので、普段の通勤・通学にもおすすめです。

TUFO(ツーフォー)ロードバイク用トレーニング・練習向きチューブラータイヤ

25年間、一人でゴムタイヤに挑み続けたチェコの男。ミロスラフ・クラヴァルの情熱は、TUFO(テューフォー)を生み出しました。クラフトマンシップは、チェコのTUFO 製造工場に息づいており多くのアスリートの走りを支えます。ミロスラフの情熱に感銘を受けた多くのレーサーたちがTUFOに協力する、そしてTUFOは新しい商品を作る、このサイクルでTUFOは、名門タイヤメーカーとしての地位を築きあげました。チューブラータイヤで非常に有名なTUFO(テューフォー)は、ピュアレーシングモデルのタイヤを多くラインナップしてきました。常に地面と触れ続けるタイヤには様々なことが求められます。回転部分の外周にあたるため軽いことはもちろん、タイヤとしてのグリップ力の高さ、パンクリスクの低さなどが挙げられます。TUFO(テューフォー)ではタイヤと内部のチューブが一体化した構造をしており、シーラント剤を用いた時に効きやすいようになっています。普段の練習用としても、PROシリーズなどがラインナップされており、低価格でありながらも、TUFO(テューフォー)タイヤの性能を感じ取ることができます。

ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤについて

ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤの特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤの選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤのオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用街乗り・ロングライド用チューブラータイヤ選びにご参考ください。