ロードバイク用レース向きチューブラータイヤの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用レース向きチューブラータイヤの特徴

ロードバイク用レース向きチューブラータイヤの特徴

  1. 1コンパウンド

    高性能なコンパウンドが用いられるので摩耗は早め。センターに転がり抵抗の低いコンパウンド、サイドにハイグリップなコンパウンドと複数のコンパウンドを使うモデルもあります。

  2. 2ケーシング

    上位モデルはコットンやセタ(絹)といった素材を採用し、また繊維も細く密度が高い作りでしなやかな乗り心地を実現するモデルが多いです。廉価モデルはナイロンやポリエステルといった化学繊維を採用しています。

  3. 3チューブ

    上位モデルはラテックスチューブを採用するモデルがあり、しなやかな乗り心地です。廉価モデルはブチルチューブを採用するモデルが多いです。

  4. 4サイズ

    27インチもしくは28インチと呼ばれるサイズが主流です。クリンチャーでいう700cと同サイズです。

ロードバイク用レース向きチューブラータイヤのブランド

Continental(コンチネンタル)ロードバイク用レース向きチューブラータイヤ

Continental(コンチネンタル)は、ドイツに本社工場を持つ、世界第4位の総合タイヤメーカーです。創業1世紀以上の歴史に裏打ちされた豊富な経験と開発力が現代へ脈々と受け継がれています。自転車用タイヤ生産の歴史は約110年におよび、総合タイヤメーカーならではの最新の生産設備と、厳格でいて繊細なジャーマン・クラフトマンシップを持つ経験豊かなスタッフたちの手により、高品質なサイクルタイヤを生み出しています。continental(コンチネンタル)のロード用タイヤは、耐久性と高いグリップ性能を持った製品が多いのが特徴です。その中でも、チューブラータイヤというカテゴリーはレースでの使用を前提に作られています。チューブラータイヤの構造にすることで、レース中のパンクリスクを減らし、コーナーや下りでのグリップ力を高めています。また、continental(コンチネンタル)のチューブラータイヤのハイエンドモデルとしてcompetitionがラインナップされています。一般的なチューブラータイヤはラテックスチューブを採用していますが、continental(コンチネンタル)ではブチルチューブを採用しており、空気の抜けも遅くメンテナンス性にも優れます。レース用のチューブラータイヤをお探しの方にcontinental(コンチネンタル)のタイヤをぜひおすすめします。

SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)ロードバイク用レース向きチューブラータイヤ

SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)といえば、シームレスタイヤを思い浮かべる人も多いのでは? つなぎ目のないチューブラータイヤは世界で唯一の技術であり、かつ職人が全て手縫いハンドメイドで製造するため一人当たり3本強しか生産できません。本当にいいものを使いたいプロや上級者に選ばれるには理由があるんです。SOYO(ソーヨー)がラインナップするハイエンドモデルのチューブラータイヤはシームレス構造になっており縫い目がありません。これは職人がタイヤを1本1本ていねいにハンドメイドしている証拠でもあり、あくまでレースでの勝利を純粋に目指した結果でもあります。内部にはラテックスチューブを使用しており、乗り心地の良さや軽量性に貢献しています。また、モデルによってパンクリスクを下げるために耐パンクベルトを用いたものや、ヒルクライムやTTに特化した超軽量モデルなものまで様々なラインナップがあります。実際にユーザーが使用するレースシーンを考えて選ぶと良いでしょう。

TUFO(ツーフォー)ロードバイク用レース向きチューブラータイヤ

25年間、一人でゴムタイヤに挑み続けたチェコの男。ミロスラフ・クラヴァルの情熱は、TUFO(テューフォー)を生み出しました。クラフトマンシップは、チェコのTUFO 製造工場に息づいており多くのアスリートの走りを支えます。ミロスラフの情熱に感銘を受けた多くのレーサーたちがTUFOに協力する、そしてTUFOは新しい商品を作る、このサイクルでTUFOは、名門タイヤメーカーとしての地位を築きあげました。チューブラータイヤで非常に有名なTUFO(テューフォー)は、ピュアレーシングモデルのタイヤを多くラインナップしてきました。常に地面と触れ続けるタイヤには様々なことが求められます。回転部分の外周にあたるため軽いことはもちろん、タイヤとしてのグリップ力の高さ、パンクリスクの低さなどが挙げられます。TUFO(テューフォー)ではタイヤと内部のチューブが一体化した構造をしており、シーラント剤を用いた時に効きやすいようになっています。また、軽量性に特化したELITEシリーズやLITEシリーズもラインナップされ、ヒルクライムなどでは圧倒的なアドバンテージなります。

ロードバイク用レース向きチューブラータイヤについて

ロードバイク用レース向きチューブラータイヤの特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用レース向きチューブラータイヤの選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用レース向きチューブラータイヤのオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用レース向きチューブラータイヤ選びにご参考ください。