マウンテンバイク(MTB)用タイヤの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用タイヤ

タイヤが太いのが特徴的で、太いタイヤなので安定して走行することが出来ます。舗装されてない道でも走れるようにブロックパターンが付いているものや、街乗りや舗装された道を走るのに適したオンロードタイヤなどがあります。 走行する路面に応じてタイヤを選択してしてみてはいかがでしょうか。カラーバリエーションの豊富なものもあるので、タイヤを履き替え見た目を変えるのも楽しいかもしれませんね。 マウンテンバイク(MTB)用タイヤ

マウンテンバイク(MTB)用タイヤの詳細なカテゴリ

ブロックタイヤ

ブロックタイヤ

荒れた路面など走るときに適したタイヤです。普通のタイヤに比べ太いのが特徴的でブロックパターンが付いています。荒れた道でも地面をしっかり捉えくれ滑りにくくなっています。

オンロードタイヤ

オンロードタイヤ

街乗りや舗装された道ではブロックタイヤより、ブロックが付いていないオンロードのタイヤの方がより軽快に走行して頂くことが出来ます。

マウンテンバイク(MTB)用タイヤのおすすめブランド

IRC(井上ゴム)

IRC(井上ゴム)は1926年に誕生した日本のタイヤブランドで、日々の自転車生活を支えるタイヤから世界最高レベルのレースで勝利を勝ち取るためのタイヤを提供するタイヤメーカーです。自転車だけではなく、オートバイや車椅子用のタイヤも製造しています。IRC(井上ゴム)のMTB用タイヤは、多くのトップレーサー・ホビーライダーに使用されています。チューブレス対応モデルも多くラインナップがあり、ブロックのピッチや形状にもこだわっているので、高い走破性と安定したハンドリングを実現します。

MAXXIS(マキシス)

MAXXIS(マキシス)は、パフォーマンス、安全性、パワーと耐久力を追求し続けるタイヤメーカーです。スリックタイヤ、クロスカントリー、ロード、DH(ダウンヒル)、BMX等、レースからシティユースまで、幅広くタイヤをラインナップしています。確かなテクノロジーとプロライダーによるテストを経て製品化されています。MAXXIS(マキシス)のMTB用タイヤは、世界で最も軽量なタイヤから、セミスリックパターンのもの、ウェット路面専用のものまでもラインナップしています。種類が豊富で、ダウンヒル・フリーライド用、クロスカントリー用、オールマウンテン用など様々な用途に応じたものをお選びいただけます。

SCHWALBE(シュワルベ)

SCHWALBE(シュワルベ)は1901年に誕生したドイツのタイヤブランドです。ツーリング用として世界一の販売量を誇る"Marathon"や、MTB用では最軽量の"FastFred"を誕生させています。開発チームはロードレースで多くのチームをサポートすることから得られるデータをブロックパターンやコンパウンドの配合に活かし、路面コンディションに合わせたタイヤ作りの開発に余念がありません。SCHWALBE(シュワルベ)のMTB用タイヤは、多様なサイズ展開と商品コンセプトで、ライダーの使用目的・好みに合わせてお選びいただけます。近年勢いをみせる27.5インチをラインナップしているモデルもあります。

マウンテンバイク(MTB)用タイヤについて

マウンテンバイク(MTB)用タイヤの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用タイヤの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用タイヤのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用タイヤ選びにご参考ください。