トライアスロン用シューズの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロン用シューズの特徴

トライアスロン用シューズの特徴

  1. 1ソール形状

    反りの強いタイプやフットに近い物など多様で、ペダリングスタイルに合わせてチョイスしましょう。ロード用のクリートが取りつけられる3つのネジ穴を配置しています。

  2. 2ソール素材

    高剛性のカーボン素材が人気です。脚力の弱い初心者には少し柔らかめのソールもオススメです。

  3. 3バックル

    着脱がスピーディーに行えるようにベルト・バックルはロード用に比べ、本数が少なめです。

  4. 4アッパー素材

    通気性のよいメッシュ素材が多く使われますが、補強として人工皮革が部分的に使用される場合もあります。

トライアスロン用シューズのブランド

DMT(ディーエムティー)トライアスロン用シューズ

DMT(ディーエムティー)は、1978年にイタリアで誕生したディアマント社が立ち上げたシューズブランドです。DMTは、社名から文字を選択し、デザイン(Design)、材料(Material)、技術(Technology)において世界トップクラスの製品を作ることを目指してつくられました。マイクロファイバーを使用したシューズを発表してから高い評価を得るブランドに成長し、現在もトッププロライダーへのサポートと製品開発に力を注いでいます。トライアスロンシューズは複数商品が展開され、いずれも着脱しやすく、フィット感・通気性も高く、レースにおける快適なライディングをサポートします。

SHIMANO(シマノ)トライアスロン用シューズ

SHIMANO(シマノ)は、ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。トライアスロンシューズは、軽量で耐久性の高い素材を使い、通気性も高く、トライアスロン競技における速さを追求したモデルになっています。上位グレードのものについては、サイズ展開もより細かに設定されています。

NORTHWAVE(ノースウェーブ)トライアスロン用シューズ

NORTHWAVE(ノースウェーブ)は、1970年代初頭にイタリアで誕生したブランドです。スノーボード用ブーツで脚光を浴び、スポーツバイクには90年代始めに進出しました。斬新で奇抜、新素材を投入したシューズの出現はそれまでのMTBシューズのイメージを一新し、当時のワールドチャンピオンらがNORTHWAVEのシューズを履いて闘ったことで、ブランドネームを確固たるものとしました。そのシューズ製作で培った高い縫製技術をもとに作られるノースウェーブのアパレルアイテムは、機能性を追求したレーシングモデルから、遊び心溢れるポップなモデルまで、豊富なラインナップで、多くのユーザーから高い支持を受けています。NORTHWAVE(ノースウェーブ)はもともとスノーボードのブーツを取り扱っていましたが、そのノウハウと技術を生かすことでサイクルシューズのラインナップを豊富にしてきました。NORTHWAVE(ノースウェーブ)のロゴを前面に押し出したシューズは、明るいカラーリングのモデルが多く、多くのライダーから愛用されています。トライアスロン用ということで、スイムの直後にバイクに乗り換えることを考えて、シューズの口を大きく設計しています。これは、濡れた足でもスムーズにシューズを履けるように配慮されているためです。また、整流効果を狙ってシューズ表面の無駄な突起を極力減らした設計となっており、長距離を高速で走破するトライアスロンに向いています。

トライアスロン用シューズについて

トライアスロン用シューズの特徴・選び方を詳しく解説。トライアスロン用シューズの選び方が分からない、迷ってる方に、トライアスロン用シューズのオススメの選び方を紹介します。トライアスロン用シューズ選びにご参考ください。