サイクルシューズ用インナーソールの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シューズ用インナーソールの特徴

シューズ用インナーソールの特徴

  1. 1厚さ

    ペダリングロスを防ぐために薄めの設計が主流です。

  2. 2アーチサポート

    土踏まずのアーチや足の形に応じてフィット感の高いものを選びましょう。

  3. 3カスタム

    よりフィット感の高い自分の足に合わせたインソールを、熱成型によるカスタムフィットで作ることもできます。

シューズ用インナーソールのブランド

DMT(ディーエムティー)シューズ用インナーソール

DMT(ディーエムティー)は、1978年にイタリアで誕生したディアマント社が立ち上げたシューズブランドです。DMTは、社名から文字を選択し、デザイン(Design)、材料(Material)、技術(Technology)において世界トップクラスの製品を作ることを目指してつくられました。マイクロファイバーを使用したシューズを発表してから高い評価を得るブランドに成長し、現在もトッププロライダーへのサポートと製品開発に力を注いでいます。インナーソールは、通気性の高いモデルや、フィット感の高いハイグレードモデルがあります。

SHIMANO(シマノ)シューズ用インナーソール

SHIMANO(シマノ)は、ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。インソールは、ライダーの足の形に合わせるカスタムフィットインソールが印象的です。他にも硬度とアーチ形状にこだわった通気性の優れるものをラインナップしています。

SQlab(エスキューラブ)シューズ用インナーソール

SQlab(エスキューラブ)は、ドイツのサドルブランドで、ドイツ専門誌のテストや科学的試験・検査において、最も優秀なサドルブランドとして評価されています。ライダーの骨格に合わせた設計で、体への負担を最小限に抑え、快適なライディングを提供してくれます。インナーソールについても、最高のパフォーマンスを発揮するために、人それぞれ異なる足の形にあわせてサイズとアーチが選べます。多くのライダーに対応するソールを展開しています。

サイクルシューズ用インナーソールについて

シューズ用インナーソールの特徴・選び方を詳しく解説。シューズ用インナーソールの選び方が分からない、迷ってる方に、シューズ用インナーソールのオススメの選び方を紹介します。シューズ用インナーソール選びにご参考ください。