サイクル用カジュアル・街乗・ツーリング向けシューズの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジュアル・街乗り用シューズの特徴

カジュアル・街乗り用シューズの特徴

  1. 1ソール形状

    歩行を考慮したものが主流で、ソール幅も広く柔らかめ。クリートが取りつけられる2つのネジ穴を配置しているモデルもあります。

  2. 2ソール素材

    歩きやすいようにゴム素材のソールが採用されます。ベースはペダリングを考慮し一般なスニーカーよりは硬めですが、レース用のシューズと比較するとかなり柔らかい作りになっています。

  3. 3シューレース・バックル

    街中でも違和感のないデザインで、シューレース(紐)を採用するモデルもあります。

  4. 4アッパー素材

    通気性のよりメッシュが多く使われますが、激しい運動を前提としてないので、人工皮革がなども多く使われています。

カジュアル・街乗り用シューズのブランド

SHIMANO(シマノ)カジュアル・街乗り用シューズ

SHIMANO(シマノ)は、ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。カジュアル・街乗り用シューズは、ビンディング初挑戦のライダーや女性にも扱いやすいクリッカーシステム搭載のものが並びます。自転車の乗りやすさと歩きやすさを兼ね備えたシューズで快適性が高くなっています。

MAVIC(マヴィック)カジュアル・街乗り用シューズ

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。カジュアルにビンディングを使用したいサイクリストのために、MAVIC(マビック)ではスニーカーのようなデザインのラフなビンディングシューズもラインナップしています。市街地やツーリング先での使用を考え、歩きやすい柔らかなソールを採用し歩きやすさにもポイントを置いています。見た目も、スポーティーなデザインではなく、紐靴を採用するなど普段履きとしてしようできるような外観になっています。ちょっとした移動にも使いやすく、初めてビンディングシューズを選ぶ方にもおすすめです。

NORTHWAVE(ノースウェーブ)カジュアル・街乗り用シューズ

NORTHWAVE(ノースウェーブ)は、1970年代初頭にイタリアで誕生したブランドです。スノーボード用ブーツで脚光を浴び、スポーツバイクには90年代始めに進出しました。斬新で奇抜、新素材を投入したシューズの出現はそれまでのMTBシューズのイメージを一新し、当時のワールドチャンピオンらがNORTHWAVEのシューズを履いて闘ったことで、ブランドネームを確固たるものとしました。そのシューズ製作で培った高い縫製技術をもとに作られるノースウェーブのアパレルアイテムは、機能性を追求したレーシングモデルから、遊び心溢れるポップなモデルまで、豊富なラインナップで、多くのユーザーから高い支持を受けています。NORTHWAVE(ノースウェーブ)はもともとスノーボードのブーツを取り扱っていましたが、そのノウハウと技術を生かすことでサイクルシューズのラインナップを豊富にしてきました。NORTHWAVE(ノースウェーブ)のロゴを前面に押し出したシューズは、明るいカラーリングのモデルが多く、多くのライダーから愛用されています。他のシューズメーカーにもカジュアルなビンディングシューズは多いのですが、NORTHWAVE(ノースウェーブ)ではクッション性の高いソールを採用しており、ストレスなく歩けるようなモデルになっています。

サイクル用カジュアル・街乗・ツーリング向けシューズについて

カジュアル・街乗り用シューズの特徴・選び方を詳しく解説。カジュアル・街乗り用シューズの選び方が分からない、迷ってる方に、カジュアル・街乗り用シューズのオススメの選び方を紹介します。カジュアル・街乗り用シューズ選びにご参考ください。