エクストリーム用ヘルメット(ダウンヒル・フリーライド・BMX向け)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エクストリーム用ヘルメットの特徴

エクストリーム用ヘルメットの特徴

  1. 1通気口

    比較的短時間での使用が多く、ダートでの枝・石などからのプロテクションも考慮し通気口は少なめのモデルが主流です。

  2. 2重量

    ライディングポジションも前傾が少ない為、重量は少し重めでもデメリットは少ないです。

  3. 3ハードシェル

    ロード用などに比べ、シェルは丈夫な厚めの物が主流です。

  4. 4グラフィック

    シンプルな物から有名デザイナーによる派手な物まで多彩なラインナップです。

エクストリーム用ヘルメットのブランド

BELL(ベル)エクストリーム用ヘルメット

BELL(ベル)は、常に研究開発を続け、最新の安全性・性能を追求する自転車ヘルメットのトップブランドです。レースシーンでも数々の勝利をおさめ、そのパフォーマンスはお求め易いエントリーモデル、子供用モデルから、ハイエンドのモデルまで、ラインナップ毎に求められる性能を考え、素材の選定から製法まできめ細かい配慮により生産されています。エクストリーム用のヘルメットは、アグレッシブなライディングを支えるフルフェイスヘルメットがあります。モトクロスの長い経験を活かした製品を展開しています。

TSG(ティーエスジー)エクストリーム用ヘルメット

TSG(ティーエスジー)は、1988年にドイツ誕生したブランドです。初めはスケーターに必要な保護具を開発し、アメリカで販売すると瞬く間に人気を博しました。その後、スノーボードやMTB、BMXに適したヘルメットの市場にも参入し、世界的なブランドに成長しました。自転車用ヘルメットは、ジャパニーズフィットも展開し、キッズ用から大人用までデザイン性に富んだオシャレなものをラインナップしています。違和感のないデザインで、MTBやBMXのみならず、シティライドでも最適なヘルメットとなっています。

OGK Kabuto(オージーケーカブト)エクストリーム用ヘルメット

OGK Kabuto(オージーケーカブト)は、世界のニーズと信頼にこたえるために、日々、研究を重ねる日本のメーカーです。ヘルメットを始め、アイウェアやグローブなどのライダーを保護する商品を主に展開し、ボトルやボトルケージなどのアクセサリー商品も展開しています。日本人のシルエットに合う商品を展開しています。OGK Kabuto(オージーケーカブト)は自転車のメーカーでは珍しい日本のメーカーであり、日本人の体格に合わせた商品作りをしています。そのため、フィット感が重要になるヘルメットやグローブなどは選びやすく、多くのライダーから愛用されています。また、製品の品質管理も徹底されており、商品だけでなくメーカーにも信頼がおけると言えます。ロードやMTB向けのヘルメットだけでなく、フリーライドやBMXなどで使用されるエクストリーム系のヘルメットのラインナップもあります。シンプルな構造をしており、カジュアルな格好で行うストリートでのBMXなどに良く似合います。

エクストリーム用ヘルメット(ダウンヒル・フリーライド・BMX向け)について

エクストリーム用ヘルメットの特徴・選び方を詳しく解説。エクストリーム用ヘルメットの選び方が分からない、迷ってる方に、エクストリーム用ヘルメットのオススメの選び方を紹介します。エクストリーム用ヘルメット選びにご参考ください。