BMX用ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMX用ハンドル・ステム・ヘッド

BMXでの使用に適したハンドルバーやステムなどはこちらのカテゴリです。ピュアなBMX用のハンドルやステムのクランプ径は22.2mmです。特にトリック系のBMXではハードユースの場面が多く、高い強度のものが求められます。ライズやバックスイープも商品によって様々なので、ポジションや好みに合わせてお選びください。 BMX用ハンドル・ステム・ヘッド

BMX用ハンドル・ステム・ヘッドの詳細なカテゴリ

ハンドルバー

ハンドルバー

BMXシーンで使われるハンドルバーです。ハイライズのハンドルバーで、ハンドル中央部分のクロスバーと呼ばれる部分が特徴的です。センター径(クランプ径)が22.2mmのものが主流ですが、25.4mmのものもあります。トリックなどの激しい使用に耐えうる頑丈なクロモリハンドルバーが人気です。

ステム

ステム

BMXで使用されるステムは、突き出し長が短く角ばったタイプのステムが主流です。MTBのエクストリームライド向けのステムもよく使用されています。BMX用と冠しているものは、バークランプ径が22.2mmのものが多く、その他のものは25.4mmのものが多く使われています。使用されているハンドルにあわせてお選び下さい。

BMX用ハンドル・ステム・ヘッドのおすすめブランド

ARESTIC(アレスティック)

ARESBIKES(アレスバイク/アーレスバイク)は、1999年誕生のフラットランドに特化した日本のBMXブランドです。ARESTIC(アレスティック)は、ARESBIKESに使用されているパーツや補修パーツが並びます。トリックライダーからスタイリッシュでカジュアルなブランドとして高い人気を誇ります。BMX用のコンポーネントは、リアハブやクランクセットなどのBMX特有の駆動系パーツが特徴的です。ベアリングやボルトなども商品として展開しています。

SPANK(スパンク)

「全ては勝利のために」。レースに勝つことが自分たちの存在理由だと言い切るのがSpank(スパンク)です。Spankは、MTB系のパーツを世界各国で展開しています。重量、強度、先端技術、これらはスパンクにとって勝利を導くための構成要素にすぎません。勝つことが命、非常に明快でストイックな哲学をもったブランドです。MTBの激しいライディングで使用されるパーツはBMXでも頻繁に使用されています。ワクワクするようなアグレッシブなライディングを支えます。

TIOGA(タイオガ)

TIOGA(タイオガ)は、アメリカのブランドで、タイヤ、輪行袋、ホイールケース、サドルバッグ、ボトルゲージ、バッグ、ブレーキパッド等を豊富に扱っている、信頼の総合自転車パーツメーカーです。ロード用・MTB用・クロスバイク・小径車・BMX用など様々なジャンルに対応するものを展開しており、用途や規格に合わせて適切なものを、比較的お求めやすい価格で提供しています。

BMX用ハンドル・ステム・ヘッドについて

BMX用ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方を詳しく解説。BMX用ハンドル・ステム・ヘッドの選び方が分からない、迷ってる方に、BMX用ハンドル・ステム・ヘッドのオススメの選び方を紹介します。BMX用ハンドル・ステム・ヘッド選びにご参考ください。