ロードバイク用スプロケットの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用スプロケット

スプロケットは、ロードレーサーのギア比を決める上で非常に重要なものになります。 一般的にロードレースでは、コースによってギア比を調整するために、スプロケットを入れ替えます。 山岳の多いコースやヒルクライムでは軽めのギアを持つスプロケットを選択し、平坦の多いコースやクリテリウムでは、ギアのつながりを意識してクロスレシオなスプロケットを選びます。 また、最近ではリアの多段化に伴い11速のコンポーネントが登場したことで、ワイドレシオでありながらギアのつながりが良いスプロケットもあります。 ロードバイク用スプロケット

ロードバイク用スプロケットの詳細なカテゴリ

スプロケット≫本体

スプロケット≫本体

原則として使用するスプロケットは、チェーンや変速系統の互換性を考えて選ぶ必要があります。その中で、自分にあったギア比を考えて選ぶとよいでしょう。ライダーの脚力や体重、使用する場面が平地なのかヒルクライムなどかも重要な要素になります。現在ではギアの多段化が進んでいるので、平地・ヒルクライムのどちらにも対応するような、クロスレシオでありワイドレシオでもあるスプロケットもあります。

スプロケット≫周辺部品

スプロケット≫周辺部品

スプロケットを固定するロックリングなど、スプロケットに関するオプションパーツです。

ロードバイク用スプロケットのおすすめブランド

KCNC(ケーシーエヌシー)

KCNC(ケーシーエヌシー)は、金属加工技術の限界を追求し、世界最高水準のCNC技術を誇る1996年誕生の軽量パーツブランド。スプロケットやプーリーなどのレーシングパーツから、ボトルケージボルトなどの小物まで、あなたのバイクをレベルアップさせる高品質なプロダクトを提案しています。ロードバイク用スプロケットは、チタン素材を使用した超軽量のカセットスプロケットがラインナップされています。また、周辺パーツにはカラフルなロックリングなどがならびます。

Campagnolo SuperRecord(カンパニョーロスーパーレコード)

Campagnolo(カンパニョーロ)は、トゥーリョ・カンパニョーロが創業したイタリアの高級自転車部品メーカー。ロードバイクなど多くのスポーツバイクで車輪の固定方法として採用されているクイックリリースの発明や、数々のレースでの勝利など、Campagnolo(カンパニョーロ)抜きでスポーツバイクの歴史は語れません。Recordはカンパニョーロのコンポーネントグレードの上から2番めの上位グレードで、各部にカーボンパーツを多用する軽量で超上級のレーシングバイクコンポーネントです。スプロケットはスチールとチタンが採用されています。歯先形状は細かく設計され、変速とチェーンの動きは完璧に同期します。大きい方から6枚のスプロケットは、3枚ずつ独自のフレームで固定され、剛性をアップさせています。

TOKEN(トーケン)

TOKEN(トーケン)は、カーボン、チタン、セラミック、アルミのような新素材を用いた、先進的な製品を開発するトータルパーツブランドです。ヘッドパーツやBB、ホイール、グリップ、ステム、シートポスト、サドル、ペダル、ブレーキ、また、それらに関する各種アクセサリーをラインナップしています。ヘッドパーツや各種アクセサリーについては、豊富なカラーリング展開でバイクの性能的なチューンナップのみならず、ドレスアップにも最適です。カンパニョーロ用の超軽量・超高級スプロケットを展開しています。コンポパーツメーカーの同一歯数の製品に比べて6割程度の重量に仕上げるだけではなく、滑らかな変速ができるように設計されています。

ロードバイク用スプロケットについて

ロードバイク用スプロケットの特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用スプロケットの選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用スプロケットのオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用スプロケット選びにご参考ください。