ロードバイク用シフトレバー(電動用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用シフトレバー(電動用)の特徴

ロードバイク用シフトレバー(電動用)の特徴

  1. 1変速段数

    フロント(2〜3)、リア(8〜11)段数をしっかり確認しましょう。他のドライブトレイン(クランク、チェーン、スプロケット周辺機構のこと)と同じコンポーネントを使用するのが基本です

  2. 2種類

    エアロバーの先端等に装着するバーエンドコントローラー型、またドロップハンドル下部に取り付けるスプリント用サテライトスイッチなど、電動故の自由度によりバラエティが豊富です。

  3. 3適合

    基本的にメーカーの混在は不可、同一メーカー内のシリーズ間も十分に互換性の確認が必要です。

ロードバイク用シフトレバー(電動用)のブランド

SHIMANO DURA-ACE Di2(シマノ デュラエース Di2)ロードバイク用シフトレバー(電動用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。DURA-ACE Di2(デュラエースDi2)は、よりストレスフリーなライディングを実現するために生まれたエレクトロニック・シフティングシステムを搭載した最高峰のロード用コンポーネントです。最新の技術で、軽やかな操作で瞬時に正確なシフトチェンジを実現しています。DURA-ACE Di2(デュラエースDi2)のシフトレバーは、タイムトライアル/トライアスロン用と、マルチポジション/スプリンタースイッチ、サテライトスイッチの3種類がラインナップされています。

SHIMANO ULTEGRA Di2(シマノ アルテグラ Di2)ロードバイク用シフトレバー(電動用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。ULTEGRA Di2(アルテグラDi2)は、ツールドフランスをはじめワールドクラスのレースで実証された電動コンポーネントの優位性をより多くのライダーに体験していただける価格帯でラインナップされた本格エレクトロニック・シフティングシステムを搭載した上級ロード用コンポーネントです。最新の技術で、軽やかな操作で瞬時に正確なシフトチェンジを実現しています。ULTEGRA Di2(アルテグラDi2)のシフトレバーは、タイムトライアル/トライアスロン用があり、上位のマルチポジション/スプリンタースイッチ、サテライトスイッチもULTEGRA Di2としてラインナップしてあります。

ロードバイク用シフトレバー(電動用)について

ロードバイク用シフトレバー(電動用)の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用シフトレバー(電動用)の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用シフトレバー(電動用)のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用シフトレバー(電動用)選びにご参考ください。