ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)の特徴

ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)の特徴

  1. 1変速段数

    フロント(2〜3)、リア(8〜11)段数をしっかり確認しましょう。他のドライブトレイン(クランク、チェーン、スプロケット周辺機構のこと)と同じコンポーネントを使用するのが基本です。

  2. 2ブレーキレバー

    モデルによりリーチアジャストの可否、方法が異なります。

  3. 3サイズ

    基本的にはドロップハンドル(バー径24mm)で有れば、何れのハンドルバーにも取付可能。一部モデルでは、シャロードロップには使用できないものもあります。

ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)のブランド

SHIMANO 105(シマノ105)ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのミドルグレードに位置する105は、DURA-ACEやULTEGRAで培われたテクノロジーをエントリーユーザーにも手の届く価格帯に設定することで、初めてロードバイクにチャレンジする初心者から、ホビーレースで上位を目指すミドルクラスライダーにまで人気のコンポーネントです。105のデュアルコントロールレバーについては、フロントダブル用と、フロントトリプル用のラインナップがあります。また、105から上位のモデルでは、シフトケーブルがハンドルを沿うようにデザインされています。

Campagnolo Chorus(カンパニョーロコーラス)ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)

Campagnolo(カンパニョーロ)は、トゥーリョ・カンパニョーロが創業したイタリアの高級自転車部品メーカー。ロードバイクなど多くのスポーツバイクで車輪の固定方法として採用されているクイックリリースの発明や、数々のレースでの勝利など、Campagnolo(カンパニョーロ)抜きでスポーツバイクの歴史は語れません。Chorusはカンパニョーロのコンポーネントグレードの上から3番めのグレードで、カーボンパーツを使用し、軽量化に努めています。上位モデルの技術を継承しながらも、やや価格を抑え、高いパフォーマンスを発揮します。デュアルコントロールレバーは、多段変速可能で、ブラケットも小さめで握りやすく、ライダーの五感に訴えかけるようなフィーリングなどが支持されています。

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのエントリーグレードに位置するTIAGRA(ティアグラ)は、レース用コンポーネントで培われたテクノロジーをファンライダーにも手の届く価格帯に設定することで、ロードバイクをシティライドやサイクリングに使用するエントリーライダーから、週末のロングライドやホビーレースにチャレンジするスポーティーライダーにまで人気のコンポーネントです。TIAGRA(ティアグラ)のデュアルコントロールレバーは、ダブル仕様・トリプル仕様のラインナップがあります。ティアグラより下位のモデルでは、シフトケーブルがハンドルを沿わないデザインになっています。

ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)について

ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用デュアルコントロールレバー(ワイヤー用)選びにご参考ください。