ロードバイク用ギヤ板の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用ギヤ板の特徴

ロードバイク用ギヤ板の特徴

  1. 1素材

    軽量なアルミ合金製が主流です。

  2. 2形状

    真円が主流ですが、ペダリング効率を追求した楕円形状のものもあります。

  3. 3サイズ

    使用するクランクのPCDと一致するものを。通常は変速性能向上の為、アウター用、インナー用が区別されています。

  4. 4適合

    リアの変速段数に合わせて、変速用のリーディングティースが最適化されているので対応段数の確認が必要です。

ロードバイク用ギヤ板のブランド

SHIMANO(シマノ)ロードバイク用ギヤ板

SHIMANO(シマノ)は、ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。ロードバイク用クランク・チェーンホイールのギア板は、純正部品を多く展開しています。グレードやPCD等に留意して必要な歯数のものをお選び下さい。

STRONGLIGHT(ストロングライト)ロードバイク用ギヤ板

創業100年以上を誇るフランスの老舗自転車メーカー、STRONGLIGHT(ストロングライト)。現在でもクランクセット、チェーンリング、カセットスプロケット、ヘッドセットなどを展開しています。総合コンポーネントメーカーにはない肉抜き加工商品、独自のアンシンメトリーリングなど、大手コンポーネントメーカーと比較しても何ら遜色のない高性能で、質感も高く美しくさえある商品を展開するメーカーです。ギヤ板は、カンパニョーロに対応したものを比較的多くラインナップし、様々なPCD・歯数のものが並びます。楕円形チェーンリングやピスト・トラック競技用もあり、実践的なレース仕様のものを展開しています。

SUGINO(スギノ)ロードバイク用ギヤ板

SUGINO(スギノ)は日本が誇る自転車パーツメーカーです。一世紀にもわたって高品質な製品を提供し続け、現在では有名ブランド完成車のOEMパーツも手がけています。特に駆動系パーツは、世界のトッププロレースで多くの勝利に貢献しています。競技用はもちろん、近年ではシングルバイクやシティサイクルにも対応した高品質かつファッショナブルなパーツをも多数展開しています。ギヤ板は、PCD・歯数ともに豊富で、ベーシックなカラーのものなら一部カラー展開があります。脚力に応じたギア比は、ライディングの快適性を高めます。

ロードバイク用ギヤ板について

ロードバイク用ギヤ板の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用ギヤ板の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用ギヤ板のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用ギヤ板選びにご参考ください。