ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)の特徴

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)の特徴

  1. 1素材

    軽量・高剛性なアルミ合金が主流です。上位モデルは各部にチタン素材を使用し軽量化しているモデルもあります。

  2. 2適合

    レバー比によりロードバイクで一般的なキャリパーブレーキ対応のものと、一部のツーリング車などで使われるVブレーキ対応のものが有ります。

  3. 3サイズ

    一般的なドロップハンドル(バー径22.2mm)に共通して取付可能です。

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)のブランド

SHIMANO SORA(シマノ ソラ)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。そのシマノが誇るロード用コンポーネントの中で、シティライドや通勤車、中距離のツーリング車向けに展開されているのがSORA(ソラ)です。レース色はそれほど強くないものの、歯数の選択やフラットバー用のコンポーネントを備えているなど、ライダーの体力や好みにマッチするコンポーネントです。ブレーキレバーはフラットバー用の物を展開しています。ロードバイク寄りのクロスバイクやフラットバーロードに最適です。

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。ロード用コンポーネントのエントリーグレードに位置するTIAGRA(ティアグラ)は、レース用コンポーネントで培われたテクノロジーをファンライダーにも手の届く価格帯に設定することで、ロードバイクをシティライドやサイクリングに使用するエントリーライダーから、週末のロングライドやホビーレースにチャレンジするスポーティーライダーにまで人気のコンポーネントです。TIAGRA(ティアグラ)のブレーキレバーは、フラットバー用がラインナップされ、ドロップハンドルに抵抗があったり、気軽なフィットネスでフラットバーを使用するフラットバーロードやカンチブレーキを採用するクロスバイクにオススメです。

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。最高級コンポーネントであるDURA-ACEのテクノロジーを継承し、DURA-ACEに迫る高い性能をバランスの取れた価格でラインナップすることで、ロードレースにチャレンジする多くのライダーを魅了するモデルがULTEGRA(アルテグラ)です。ULTEGRA(アルテグラ)のブレーキレバーは、フラットバー用がラインナップされ、ドロップハンドルに抵抗があったり、気軽なフィットネスでフラットバーを使用するフラットバーロードやカンチブレーキを採用するクロスバイクにオススメです。

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)について

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(フラットバー用)選びにご参考ください。