ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)の特徴

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)の特徴

  1. 1素材

    軽量・高剛性なアルミ合金が主流です。上位モデルは各部にチタン素材を使用し軽量化しているモデルもあります。

  2. 2形状

    競技の特性上ブレーキレバーの使用頻度が低い為、操作性よりもエアロ効果を考え、レバーが翼状断面のモデルもあります。

  3. 3サイズ

    一般的なエアロバーに共通して取付可能です。

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)のブランド

CANE CREEK(ケーンクリーク)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)

CANE CREEK(ケーンクリーク)は、1991年にアメリカのノースカロライナで誕生したメーカーです。ヘッドセットに革命を起こすスレッドレスヘッドセット"AheadSet"をはじめて開発・生産しました。様々な規格に対応するヘッドセットを展開しています。現在はヘッドセットのほか、軽量ブレーキシステムやシートポストサスペンションなど、数々の製品を生み出しています。ブルホーン・エアロバー用のブレーキレバーは、スタンダードなタイプと、カーボンを使用した超軽量タイプのものがあります。タイムトライアルバイクやトライアスロンバイクに最適です。

Campagnolo Time Trial(カンパニョーロタイムトライアル)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)

Campagnolo(カンパニョーロ)は、トゥーリョ・カンパニョーロが創業したイタリアの高級自転車部品メーカー。ロードバイクなど多くのスポーツバイクで車輪の固定方法として採用されているクイックリリースの発明や、数々のレースでの勝利など、Campagnolo(カンパニョーロ)抜きでスポーツバイクの歴史は語れません。タイムトライアル用コンポーネントには、TTバーでの仕様に最適なブレーキレバーやシフトバーが並びます。軽量でエアロダイナミクスにもこだわった設計で1秒でも早く駆け抜けたいライダーを強力に後押しします。

TRP(ティーアールピー)ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)

TRP(ティアールピー)は、自転車におけるブレーキシステムを素材、機能、デザインとあらゆる面から最高品質のものを世に送り出すことを理念に誕生したブランドです。カーボン素材はもとよりチタン、アルミニウムにいたるまで様々な素材を駆使し、ブレーキ性能というスポーツバイクの性能を大きく左右するものを極限まで軽量化しつつ、耐久性も維持し最適なブレーキ性能を実現した製品を展開しています。ブルホーン・エアロバー用のブレーキレバーは、カーボンやチタンを積極的に採用し、人間工学に基づいた設計で、軽量で扱い易いものになっています。

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)について

ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)の特徴・選び方を詳しく解説。ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)の選び方が分からない、迷ってる方に、ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)のオススメの選び方を紹介します。ロードバイク用ブレーキブレーキレバー(ブルホーン・エアロバー用)選びにご参考ください。