マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体の特徴

マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体の特徴

  1. 1変速段数

    フロント(2〜3)、リア(8〜11)段数をしっかり確認しましょう。他のドライブトレイン(クランク、チェーン、スプロケット周辺機構のこと)と同じコンポーネントを使用するのが基本です。

  2. 2ブレーキレバー

    モデルによりリーチアジャストの可否、方法が異なります。

  3. 3サイズ

    基本的にはドロップハンドルフラット・ライザーハンドル(バー径22.2mm)で有れば、何れのハンドルバーにも取付可能です。

マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体のブランド

SHIMANO ACERA(シマノ アセラ)マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。カジュアルMTBコンポーネントに位置するACERA(アセラ)は、ソフトなオフロード走行や、シティライド、フィットネスに最適なコンポーネントです。MTB寄りのクロスバイクなどに多く搭載されるグレードです。デュアルコントロールレバーは、ギアポジションを一目で確認できるオプティカル・ギア・ディスプレイ搭載と、ブレーキレバーとシフトレバーのワイヤーが干渉しにくい設計で、快適性の高い操作が特徴的です。

マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体について

マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体の特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体の選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体のオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用デュアルコントロールレバー本体選びにご参考ください。