マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板の特徴

マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板の特徴

  1. 1素材

    軽量なアルミ合金製が主流です。

  2. 2形状

    真円が主流ですが、ペダリング効率を追求した楕円形状のものもあります。

  3. 3サイズ

    使用するクランクのアーム形状とPCDが一致するものを。通常は変速性能向上の為、アウター用、センター用、インナー用が区別されています。

  4. 4適合

    リアの変速段数に合わせて、変速用のリーディングティースが最適化されているので対応段数の確認が必要です。

マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板のブランド

Carbon Ti(カーボンTi)マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板

Carbon Ti (カーボンTi)は、2005年誕生のイタリアンブランドで、ハイエンド自転車コンポーネントの生産に力を入れています。特殊な合金やカーボンファイバー等を扱った製品の製造技術が高く、超軽量で高い剛性と耐摩耗性を備えた独特の美しい製品をラインナップしています。ギア板については、ロード用・MTB用のラインナップがあり、ロード用については、カンパニョーロ用も展開しています。カーボンとアルミを組み合わせたものや、フルチタンで製造されたチェーンリングは、高いパフォーマンスを絶対的な信頼性で後押しする超ハイエンドモデルとなっています。

RENTHAL(レンサル)マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板

モトクロス界のハンドルバーやスプロケットで数々のタイトルを獲得するRENTHAL(レンサル)。オートバイのイメージが強いブランドですが、自転車用のパーツも展開しており、品質、デザイン、技術ともに、現在のMTBパーツを牽引するトップブランドです。モトクロスで培った技術を惜しげも無く投入しているパーツは、絶大なる信頼性を誇ります。MTB用のギヤ板は、豊富な歯数展開と、CNCマシンによる正確な削りだし加工による軽さと耐久性の高さが支持されています。

SHIMANO(シマノ)マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板

SHIMANO(シマノ)は、ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップブランド。その幅広いラインナップと性能で、多くのライダーのニーズに応えています。シューズ、アイウェア、各種アパレルなども展開し、確かな技術で世界のトッププロを支えています。MTB用クランク・チェーンホイールのギア板は、純正部品を多く展開しています。グレードやPCD等に留意して必要な歯数のものをお選び下さい。

マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板について

マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板の特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板の選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板のオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用ギヤ板選びにご参考ください。