マウンテンバイク(MTB)用チェーンの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用チェーン

パダルを回しその力を後輪に伝える役割を担ってるのが、「チェーン」というパーツです。ペダルを回している間は常に動いているものになり、潤滑剤を使い摩擦を減らしてやるのが大切になります。 巻き上げた砂埃でチェーン自体が汚れてきたりします。そうするとチェーン自体だけではなく他の動かしている部分にも影響を与えだします。そうならない用に日頃からこまめなメンテナンスを心掛けると安心してお使いいただけるともいます。 マウンテンバイク(MTB)用チェーン

マウンテンバイク(MTB)用チェーンの詳細なカテゴリ

本体

本体

変速機に応じたチェーンがあり、それをしっかり選んでいただくことが大切になります。その上で、耐久性や重量などを考え選ばれてみるといいと思います。

周辺部品

周辺部品

チェーン本体をつなぐ役目のアンプルピンをはじめ、アンプルピンを使わずチェーンをつなぎとめるミッシングリンクというコネクタなどもあります。またチェーンが外れるのを防ぐ、脱落防止リングなどもあります。

マウンテンバイク(MTB)用チェーンのおすすめブランド

SHIMANO DEORE(シマノ ディオーレ)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。本格MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントのエントリーグレードに位置するDEORE(デオーレ)は、ホビーレースはもちろん、街乗りやファンライドまで、お求め易い価格設定と安心の性能で、幅広いレベルのライダーのステップアップを支えるべく、上位コンポーネントから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。DEORE(デオーレ)のチェーンは、優れた泥除け性能を実現し、プレートの左右をフロント変速用・リア用に専用設計されています。

KMC(ケーエムシー)

KMC(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。シマノもOEMとしてKMCで製造を依頼しており、その品質と精度は確かです。現在では、世界最大級の自転車チェーンブランドとなり、130以上の国々で販売されています。チェーンの接合に大変便利なミッシングリンクを開発したのもこの会社です。MTB用のチェーンは、リア変速段数に応じたものをラインナップしています。本格的なレース仕様のものから、フィットネス、レジャーに対応するものまであり、一部モデルではカラフルなものまで展開しています。

YBN(ワイ・ビー・エヌ)

YBN(ワイビーエヌ)は、Yaban(ヤーバン)チェーン工業株式会社のブランド商品で、1989年から自転車とオートバイのチェーンの製造をしているメーカーです。安定した品質と競争力のある製品開発を目指し、日々の研究・テストに努めています。現在では、アメリカやヨーロッパ各国で、製品に対する特許を登録し、生産を拡大しているブランドです。

マウンテンバイク(MTB)用チェーンについて

マウンテンバイク(MTB)用チェーンの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用チェーンの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用チェーンのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用チェーン選びにご参考ください。