トライアスロン用メンズトップスの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロン用メンズトップスの特徴

トライアスロン用メンズトップスの特徴

  1. 1吸汗・速乾性

    通気性、渇きが早い化学繊維が使われています。

  2. 2ファスナー

    ITU・JTU主催のスタンダードディスタンス(バイク40km前後 計50km前後)等では前ファスナーのウェアは使用できない場合があり注意が必要です。

  3. 3ポケット

    ロングディスタンス(バイク200km前後 計300km前後)にはポケット付きが便利です。

  4. 4シルエット

    ランなども考慮されているので、バイクのポジションに特化しているわけではありません。

トライアスロン用メンズトップスのブランド

2XU(ツータイムズユー)トライアスロン用メンズトップス

2XU(ツータイムズユー)は、オーストラリア・メルボルンで設立し、そこに拠点を置くアスリートのためのウェア製作・販売会社です。「人間のパフォーマンスを最大限に導き出す商品の開発」を企業理念に、最新の繊維や技術開発を手がけ、いまや最新テクノロジーを駆使したスポーツブランドとして世界中で急成長を遂げています。2XU(ツータイムズユー)ではサイクル用品以外にもランニングやトライアスロン用品を幅広く扱っており、スポーツウェアに関するノウハウを生かしたウェア作りをしています。トライアスロンウェアのラインナップも豊富であり、トップスやボトムのセパレートタイプからワンピースタイプまであります。トライアスロンウェアを選ぶ際には、水中における流水抵抗やランニングやバイクでの空気抵抗を最小限に抑えるため、ボディにフィットしたものを選ぶ必要があります。また、トップスを選ぶ際にはハードに動きまわることでウェアがずれるのを防ぐために袖のフィット感も重要になります。また、ファスナーについてもフルジップのものからハーフジップのものまであり、ユーザーの好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)トライアスロン用メンズトップス

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)は、アイアンマン唯一のオフィシャル・バー・サプライヤーとして認められたトライアスロン・バーの定番ブランドで、そのシェアは全米No.1を誇ります。代表的なパーツであるエアロバーハンドルバー(TTバー/DHバー)以外にも、ホイールやウェア、その他アクセサリも展開しており、トライアスリートのみならず、ロードレーサーたちも魅了しています。PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)と聞くとTTバイクやエアロロードにアッセンブルされるイメージですが、実際にTTやトライアスロンで一番多く使用されており、シェアが高く、高速巡航による空気抵抗を減らすノウハウを生かした製品作りをしています。PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)ではサイクルパーツだけでなく、トライアスロンウェアであるトライスーツや、スイム・バイク・ランの3競技ともこなせる性能を持つようにできています。トップスは流水抵抗・空気抵抗を減らすためフィット感を強めていますが、腕や首元などの開口部はゆったりさせるなど工夫が見られます。

TYR(ティア)トライアスロン用メンズトップス

TYR(ティア)はトライアスロンウェアや自転車パンツなどを提供するアパレルブランドです。高機能かつファッショナブルな商品展開は、着る人の心に華やかさを与え、トライアスロンやサイクリングの世界を盛り上げてくれます。TYR(ティア)は主にスイムスーツを取り扱うアメリカのメーカーであり、サイクル部門ではトライスーツなどを得意としています。また、スイムが競技に入ってくるトライアスロンなどで愛用者が多いです。TYR(ティア)とは北欧神話に出てくる守護神の名前から取られたものであり、スポーツにおける闘争心や勇気、勝利を表現しています。TYR(ティア)ではシームレス製法によって撥水性を持ちつつ、伸縮性も豊かなアパレルを作っています。トップスも同様で、トライアスリートを想定してノースリーブモデルが多く、気温が高い夏場に重宝します。

トライアスロン用メンズトップスについて

トライアスロン用メンズトップスの特徴・選び方を詳しく解説。トライアスロン用メンズトップスの選び方が分からない、迷ってる方に、トライアスロン用メンズトップスのオススメの選び方を紹介します。トライアスロン用メンズトップス選びにご参考ください。