サイクル用レインシューズカバーの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用レインシューズカバーの特徴

サイクル用レインシューズカバーの特徴

  1. 1防水性

    スポーツライドを前提としているので、最低限の防水性となり完全防水ではない場合があります。

  2. 2底部

    靴底のビンディング用クリートを避ける形でカバーされます。

  3. 3防風・防寒

    大きく保温を考慮しているわけではありませんが、ミッドシーズンのツーリングにはイザという時の防寒にも便利です。

  4. 4ファスナー・ベルクロ

    着脱が容易な様に、ファスナーやベルクロが配置されるモデルが多いです。

サイクル用レインシューズカバーのブランド

BBB(ビービービー)サイクル用レインシューズカバー

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。自転車パーツの総合メーカーとなり、自転車に関するものであれば何でも扱うようになったBBB(ビービービー)ですが、価格帯も抑えられており種類も多いことから、多くのユーザーから高い評価を得ています。BBB(ビービービー)というメーカー自体がものすごく有名である訳ではありませんが、品質もよくユーザーの要望にしっかり応えている商品が多いと言えます。商品の中にはシューズカバーのラインナップもあります。シューズカバーにはさまざまな用途があり、TTなどでは空気抵抗の低減のために用いられます。他に、防水仕様のシューズカバーもあり、こちらは雨のライディング時に使用されます。また、シューズカバーには防寒の用途もあるので、寒い季節に入る前にそろえておくと冬場のサイクリングが快適になります。

MAVIC(マヴィック)サイクル用レインシューズカバー

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。自転車は全天候型スポーツであり、雨でも走る場面が少なくありません。雨の中でのロードワークは、視界が悪くなる以上に体温の低下によって体力を奪われます。また、体が濡れることで不快感が増し集中力も落ちてしまいます。そんな雨対策の1つとしてシューズカバーがあります。シューズ周りは上空からの雨だけでなく、ダウンチューブからはねる水たまりの水もかかりますが、シューズカバーをつけることで防水することができます。そのため、ロードワーク以外に毎日の通勤・通学が自転車であるという方には、雨の日も快適に過ごすためにおすすめの商品です。

PEARL IZUMI(パールイズミ)サイクル用レインシューズカバー

PEARL IZUMI(パールイズミ)は、高性能・高品質のサイクルウェアを提供する日本で誕生したブランドです。ライダーを過酷な気候から保護する技術や空気抵抗の減少、着心地にこだわった伸縮性など、高い技術でアスリートをサポートします。日本の四季に合わせて製品が展開され、対応する温度が設定されているので、使用する時期に合わせてコーディネートすることができます。自転車は全天候型スポーツと言われ、雨でも走る場面が少なくありません。雨の中でのロードワークは、視界が悪くなる以上に体温の低下によって体力を奪われます。また、体が濡れることで不快感が増し集中力も落ちてしまいます。そんな雨対策の1つとしてシューズカバーがあります。シューズ周りは上空からの雨だけでなく、ダウンチューブからはねる水たまりの水もかかりますが、シューズカバーをつけることで防水することができます。そのため、ロードワーク以外に毎日の通勤・通学が自転車であるという方には、雨の日も快適に過ごすためにおすすめの商品です。

サイクル用レインシューズカバーについて

サイクル用レインシューズカバーの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用レインシューズカバーの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用レインシューズカバーのオススメの選び方を紹介します。サイクル用レインシューズカバー選びにご参考ください。