サイクル用レインキャップの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用レインキャップの特徴

サイクル用レインキャップの特徴

  1. 1防水性

    スポーツライドを前提としているので、最低限の防水性となり完全防水ではない場合があります。

  2. 2視界の確保

    前方視界を確保する為、顔に滴る水滴を避けるようバイザーが工夫されています。

  3. 3スタイル

    ヘルメットの下に装着できるよう、薄手でフィット感が高いシルエットのものがあります。

サイクル用レインキャップのブランド

PEARL IZUMI(パールイズミ)サイクル用レインキャップ

PEARL IZUMI(パールイズミ)は、高性能・高品質のサイクルウェアを提供する日本で誕生したブランドです。ライダーを過酷な気候から保護する技術や空気抵抗の減少、着心地にこだわった伸縮性など、高い技術でアスリートをサポートします。日本の四季に合わせて製品が展開され、対応する温度が設定されているので、使用する時期に合わせてコーディネートすることができます。自転車というスポーツは全天候型スポーツであり、レースも大雨でなければ開催することが多い競技です。また、ロードワーク中に雨が降り出してしまうことも少なくありません。そのため、雨対策はサイクリストと切っても切れない縁にあると言えます。雨の日は太陽光が無い以上に雨水が顔にかかり視界が著しく悪くなります。その対策として、自転車にもサイクルキャップを使用することがいます。サイクルキャップを被ることでツバがヘルメットの先端よりも少し飛び出し、雨が顔に降り注ぐのを防いでくれます。同様の理由で、シクロクロスなどのマッドコンディションで走ることが想定されるレースでもサイクルキャップは有効です。また、最近ではオシャレの一部分にもなっているので、天候にかかわらずデザインに任せて選んでみるのも良いでしょう。

サイクル用レインキャップについて

サイクル用レインキャップの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用レインキャップの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用レインキャップのオススメの選び方を紹介します。サイクル用レインキャップ選びにご参考ください。