サイクル用ニーガードの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ニーガードの特徴

サイクル用ニーガードの特徴

  1. 1パッド

    ウレタン素材を使ったクッションが主流です。外側はハードシェルの物もあります。

  2. 2フィッティング

    アジャストベルトや伸縮性の高い素材で身体にフィットします。

  3. 3通気性

    メッシュ素材や、パッド部分にも通気穴があいています。

サイクル用ニーガードのブランド

RACE FACE(レースフェイス)サイクル用ニーガード

カナダ・バンクーバー生まれのRACE FACE(レースフェイス)は、MTB向けコンポーネントやプロテクターなどを20年以上展開しているブランドです。世界40カ国以上で商品を展開し、多くのプロライダーをサポートしています。アグレッシブなフリーライドで高い信頼性を誇っています。ニーガードは、ライディングを邪魔しない薄手のものや、パッド部分にプラスチック樹脂を搭載したものなどがあります。いずれも通気性に優れた素材を採用しています。

SPEEDSTUFF(スピードスタッフ)サイクル用ニーガード

SPEEDSTUFF(スピードスタッフ)は、MTBのダウンヒルや、クロスカントリーなどのプロテクター、アパレルなどを1999年から提供しているドイツのブランドです。そのアイテムは全て、実際にトップライダーにテストされ、科学的な検証を繰り返されるため、その品質と機能は折り紙付きです。ダウンヒルに必須なプロテクターをラインナップするSPEEDSTUFF(スピードスタッフ)では、一通りのプロテクターをラインナップしており、上下で揃えることができます。価格帯もこなれており、すべてのダウンヒルユーザーにおすすめのブランドです。

サイクル用ニーガードについて

サイクル用ニーガードの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用ニーガードの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用ニーガードのオススメの選び方を紹介します。サイクル用ニーガード選びにご参考ください。