サイクル用アーム・レッグカバーの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用アーム・レッグカバー

自転車に乗っている時は、気候や場所によって体温が変化します。朝寒かったりしても昼間はすごく暑いなんてことや、峠を汗だくで登って下りで寒くなってしまうことがよくあります。そのような時にあると便利なのがウォーマーやカバーです。必要な時に腕や足に装着することで体温調整が可能です。使用しない時にはコンパクトに収まるのも利点の1つです。秋冬用は保温性を、春夏用は紫外線対策用のものが主にラインナップしています。 サイクル用アーム・レッグカバー

サイクル用アーム・レッグカバーの詳細なカテゴリ

アーム

アーム

アームカバーは、大きく分けて2種類あります。肌寒い日に使用する保温性を高めたアームウォーマーと、強い日差しから腕をカバーする日焼け対策用のものです。アームウォーマーは、起毛素材の暖かなものや、やや薄手での素材でフィット感の高いもの等があります。アームカバーは、紫外線遮蔽率を掲載しているものや、ひんやり素材のもの、部分的にメッシュ生地を使用したものなどがあります。いずれのカバーも、使用しない時にはコンパクトに収納でき、必要な時に取り出して装着することができる、優れたウェアアイテムです。

レッグ

レッグ

レッグカバーもアームカバーと同様に、主に肌寒い日に体温調節として使用するレッグウォーマーと、夏を中心とした日焼け対策用のものがあります。レッグカバーにもアームカバーと同様に紫外線遮蔽率を掲載しているものがあります。また、日差しの当たらない太ももの裏側部分などにメッシュ生地を使うなどして快適性を高めたものもあります。レッグウォーマーには、乗車姿勢で風邪が当たる面に防風性を高めたものや、着脱しやすいジッパーが付いたものがあります。こちらも携帯性に優れた体温調整ウェアアイテムです。

ニー

ニー

膝をカバーするニーウォーマーは、主に膝を冷えから守るためのウェアです。レッグウォーマーに比べて商品数は少なめではありますが、起毛素材を採用しているものが多く、膝の冷えに悩む方や、季節の変わり目での使用に最適です。膝の安心感はライディングをより快適なものにサポートしてくれます。伸縮性の高い構造でペダリングを邪魔すること無く、携帯性に優れたニーウォーマーを上手く使えれば、肌寒い時期により快適なサイクリングを楽しめます。

サイクル用アーム・レッグカバーのおすすめブランド

BBB(ビービービー)

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。

MAVIC(マヴィック)

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。

Nalini(ナリーニ)

Nalini(ナリーニ)は、ロードレースの本場イタリアでプロ・アマチュア問わず愛されているサイクルウェアブランドです。デザインと機能性を両立させた商品は世界各国で販売されています。メンズウェアとレディースウェアだけでなく、各種ウェア・アクセサリ、シューズなども展開しています。

サイクル用アーム・レッグカバーについて

サイクル用アーム・レッグカバーの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用アーム・レッグカバーの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用アーム・レッグカバーのオススメの選び方を紹介します。サイクル用アーム・レッグカバー選びにご参考ください。