サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブの特徴

サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブの特徴

  1. 1掌の素材

    耐久性のある合成皮革系の素材が使われており、同時にグリップ力を増す工夫がされています。

  2. 2甲の素材

    伸縮性のある化学繊維が主流です。通気性のよいメッシュ素材など多彩なラインナップがあります。またメーカーによってはUVカット素材のものも有ります。

  3. 3掌のパッド

    親指の付け根やハンドル接触部分にクッションになるパッドを配置してあり、ライディングの負荷を軽減します。

  4. 4手首

    主に着脱が容易なベルクロを採用しています。エアロフォルムのロングタイプもあります。

サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブのブランド

SPEEDSTUFF(スピードスタッフ)サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブ

SPEEDSTUFF(スピードスタッフ)は、MTBのダウンヒルや、クロスカントリーなどのプロテクター、アパレルなどを1999年から提供しているドイツのブランドです。そのアイテムは全て、実際にトップライダーにテストされ、科学的な検証を繰り返されるため、その品質と機能は折り紙付きです。メンズフルフィンガーグローブは、クロスカントリーやオールマウンテンでの使用に最適な、薄手で操作性の高いグローブを展開しています。

GOLDWIN(ゴールドウィン)サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブ

GOLDWIN(ゴールドウィン)は、「素材開発」「縫製技術」「デザイン設計」といったスポーツで着用するウェアの基本を重要視して、スポーツバイクを愛するすべてのアスリートへ向けて独創的で機能美あふれる次世代型バイクギアを発信している日本のブランドです。快適のための確かな機能とそのデザインは最先端のテクノロジーに裏付けされています。GOLDWIN(ゴールドウィン)では自転車以外にも、モータサイクルやスキーウェアの設計も行っており、厳しい環境下においても高いパフォーマンスを発揮できるようなウェア作りをしています。特に、ナノテクノロジーや素材にこだわったインナーのラインナップが豊富で、ウェアのレイヤリングの重要性が求められる長期でのツーリングや冬場のトレーニングでは非常に重宝します。春先の肌寒いシーズンなどで役に立つフルフィンガーのグローブは、寒さ対策以外にも落車時の怪我の対策や、日焼け防止の役割もあります。また、グローブをつけることで汗でハンドルやブラケットにおいて手が滑ることもなくなるので、自分の好みにあったグローブを見つけておくと良いでしょう。

MAVIC(マヴィック)サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブ

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。ホイールやリムを取り扱うMAVIC(マビック)では、アパレル関係のラインナップも充実しています。アパレル用品の中でも、サイクルグローブはほとんどのサイクリストが使用する重要なウェアの一つであると言えます。サイクルグローブは、ハンドルを握りやすくするだけでなく、バイクが地面から拾う振動を吸収する役割を持ちます。さらに、落車時の手の保護も兼ね、ロードワーク中に手にかいた汗を吸収する役割もあります。フルフィンガーグローブは他にも、日焼け防止の効果もあり、紫外線対策がなされたモデルも多くなっています。グローブの役割は大きく、ライダーの手にあったグローブを選ぶことは重要です。

サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブについて

サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブのオススメの選び方を紹介します。サイクル用メンズフルフィンガー(春夏)グローブ選びにご参考ください。