遠征用自転車ケースの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征用自転車ケース

遠征用ケース 遠征用ケースは、飛行機などを使った遠征などで重宝される自転車収納ケースです。クッション性の高い加工がなされ、大切な自転車を長距離の移動に伴う衝撃から守ります。ハードケースとソフトケースがあり、好みにあわせてお選び頂けます。多くのモデルで底面にキャスターが付いており、転がして移動しやすくなっています。 遠征用自転車ケース

遠征用自転車ケースの詳細なカテゴリ

ハードケース

ハードケース

ハードケースの遠征用ケースは、プロの自転車競技選手も使用する遠征用ケースです。車体を保護する能力はソフトケースよりも高く、愛車をしっかりとガードします。しかしながら、ソフトケースの様に使用しない時に畳む事ができず、かさばります。価格も高価なものが多く、ホビーライダーにはソフトケースの方が人気があるように思います。

ソフトケース

ソフトケース

ソフトケースの遠征用ケースは、遠征用ケースの中で人気の高い自転車ケースです。ソフトケースではありながら、エアクッションを使ったものや厚手のパッドを搭載したものもあります。使用しない時に折りたたむことができるので、ハードケースに比べ体積が小さくなります。海外や離島でのレースやサイクリングに参加する場合にオススメです。

遠征用自転車ケースのおすすめブランド

OSTRICH(オーストリッチ)

オーストリッチは、自転車用バッグの国内老舗メーカーです。輪行袋をはじめ、サドルバッグ、バッグパック、ホイールケース等、ツーリングの必須のアイテムを幅広く取り揃えています。好みに応じて選べる数々のバッグ・輪行袋は、競技志向のライダーから気軽にサイクリングを楽しみたいライダーまで、多くのライダーから支持を得ています。遠征用ケースには、折りたためるソフトケースから強度抜群のハードケースがあり、愛車を長距離まで運ぶことの多い本格派ライダーから支持の厚い商品展開がなされています。

SCICON(シーコン)

SCICON(シーコン)は、独創的な発想とイタリアンデザインが特徴的なブランドです。サドルバッグと輪行バッグ、輪行に関するその他アクセサリを主に展開しています。輪行・トランスポートは、シーコンを代表する製品でもある輪行バッグのエアロコンフォートプラスがあります。キャスター付きでありながら軽量でしかもフレームを簡単に固定できるため、飛行機での移動が多いトップチームの遠征にとても重宝されています。ブラッシュアップが繰り返され、同じモデルでも常に進化を遂げ、使い勝手が向上しています。電車や車での移動の際に手軽に使える輪行バッグもラインナップしています。

THULE(スーリー)

車で運んで自転車を楽しむ。THULE(スーリー)はそんなライフスタイルを提案した車外搭載ルーフなどのメーカーです。人があって自転車がある。そんな当たり前だけど忘れがちな事をしっかり押さえた製品と、車に装着しても違和感のないデザインは、世界中にファンがいます。THULEは自転車に関するバッグやキャリアも展開しています。遠征用ケースは、いずれもハードケースで、高い強度と耐久性を備え、バイクを外部の衝撃から強力に保護します。

遠征用自転車ケースについて

遠征用自転車ケースの特徴・選び方を詳しく解説。遠征用自転車ケースの選び方が分からない、迷ってる方に、遠征用自転車ケースのオススメの選び方を紹介します。遠征用自転車ケース選びにご参考ください。