輪行・トランスポート用品の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輪行・トランスポート用品

こちらのカテゴリには、自転車を分解して公共の交通機関などで運ぶ時に必要なもの、あると便利なものなどがならんでいます。大きさや厚みなどは、用途に合わせて選ぶと扱いやすくなります。輪行袋は大変便利なアイテムです。海外や離島などに持って行く場合には、遠征用ケースや輸送用梱包ケースが活躍します。公共の交通機関で大きな荷物を運ぶことになるので、取り扱いには注意が必要です。 輪行・トランスポート用品

飛行機・列車・宅配でロードバイクを輸送する方法


輪行バッグ(輪行袋)・トランスポート用品は、ロードバイクの輸送を目的としたキャリーバッグです。レースやサイクリングの際に、目的地までの移動で新幹線や飛行機を使う場合に使用します。またはバイクを運送会社に運んでもらうためのケースもあります。歩行時にも運びやすいようにキャスターが付いたものや、配送業者に運んでもらいやすいように箱型のものなどがあります。目的地までのバイクの輸送を目的としているため、輪行袋よりしっかりした作りをしています。また輪行袋の様に携帯性は考えられていません。



輪行バッグ(輪行袋)・トランスポート用品の選び方列車・新幹線で輸送する輪行バッグ(輪行袋)・トランスポート用品飛行機・宅配で輸送する輪行バッグ(輪行袋)・トランスポート用品


目的地までの移動手段と目的地での行動パターンにそして予算によって決めると選びやすいと思います。



新幹線や列車での輸送におすすめ


バイクが傷つかないよう安全性を確保しつつ、列車に乗せても邪魔にならないよう、なるべくコンパクトになるように考えられています。持ち運びサイズまでコンパクトに折りたためるものや、コインロッカーに収まるサイズに折りたためるものがあり、輪行スタイルや予算に合わせて選べます。低価格なのも魅力的です。


BIKOT(ビコット) 輪行バッグ ロードバイク・クロスバイク用

BIKOT(ビコット) 輪行バッグ ロードバイク・クロスバイク用


BIKOT(ビコット) 輪行バッグ ロードバイク・クロスバイク用の項目別評価


電車での輪行には省スペースで邪魔になりにくいタテ型の輪行袋が断然便利!ヨコ型は安定はしますが、電車内ではスペースを取ってしまい邪魔になりがちです。タテ型の輪行袋ならスペースを取らないので、電車の中でも置く場所を選びません。また、巾着のヒモを手すりなどに結べば、タテ型の短所である安定しにくさも解消できます。さらに、非常に軽く、持ち運びサイズまでコンパクトに折りたためるので、輪行袋を持ってバイクで走る場合はこちらがオススメです。おしゃれな和柄デザインで、カラーが3色から選べるのも嬉しいポイントです。
・展開時サイズ:幅92×高さ118×マチ28cm




OSTRICH オーストリッチ OS-500 TRAVEL BAG

OSTRICH オーストリッチ OS-500 TRAVEL BAG


OSTRICH オーストリッチ OS-500 TRAVEL BAGの項目別評価


メイドインジャパンの輪行袋のパイオニア、オーストリッチのバイクバッグです。持ちやすいように袋の中ほどにも持ち手が取り付けられています。カラーバリエーションが豊富なのも魅力的。コインロッカーに入るぐらいコンパクトに折り畳めるので、バッグは駅のコインロッカーにおいて、サイクリングを楽しむということもできます。
・展開時サイズ:幅135×高さ82×マチ21cm



飛行機・宅配での輸送におすすめ


飛行機や宅配での輸送におすすめです。ハンドルを曲げたり、取り外すことなく収納できるタイプは、短時間で簡単に収納できます。またバッグのベースにしっかり固定できて、ディレイラーをガードするパーツも付属しているタイプは、安全性は非常に高いです。箱状のものは、ロードバイクを入れるだけのタイプが多いため、収納する際には詰め方や養生、固定に気を配る必要があります。キャスターが付いているので歩行での移動時も非常に楽です。


SCICON(シーコン) AEROCOMFORT PLUS(エアロコンフォートプラス 3.0)

SCICON(シーコン) AEROCOMFORT PLUS(エアロコンフォートプラス 3.0)


SCICON(シーコン) AEROCOMFORT PLUS(エアロコンフォートプラス 3.0)の項目別評価


人気のロングセラー商品。改良を繰り返してきているので、使いやすさ、安全性は最高クラスです。ツールにも出場しているプロチームの選手の移動の移動にも使われている商品です。価格は高いですが、耐久性にも優れており長く使えるアイテムです。運送会社での輸送も可能です。
・展開時サイズ:幅109×高さ103×マチ50cm




Premier(プレミア) BIKE CASE (バイクケース)ロードバイク用

Premier(プレミア) BIKE CASE (バイクケース)ロードバイク用


Premier(プレミア) BIKE CASE (バイクケース)ロードバイク用の項目別評価


シーコンのエアロコンフォートと同様の設計で簡単しっかり収納です。ハンドルを曲げずに収納、ベースに固定して収納します。素材を見直しやオプションパーツを減らすことでシーコンよりも低価格となっています。キャスター付なので楽に歩行移動できます。
・展開時サイズ:長さ131×高さ97cm/ハンドル側幅45cm




SHIMANO PRO(シマノ プロ) BIKE BAG (バイクバッグ)

SHIMANO PRO(シマノ プロ) BIKE BAG (バイクバッグ)


SHIMANO PRO(シマノ プロ) BIKE BAG (バイクバッグ)の項目別評価


ペダルとホイールを外すだけ、フレーム本体は底部のプレートに、ホイールはバッグ両側の仕切りに収納できます。ショルダーストラップとキャリングストラップ付で持ち運びも便利。底部プレートとクッションフォームでバイクをしっかり保護します。
・展開時サイズ:幅115×高さ88×奥行22cm




QBICLE(キュービクル) BIKE POTER PRO (バイクポーター PRO)

QBICLE(キュービクル) BIKE POTER PRO (バイクポーター PRO)


QBICLE(キュービクル) BIKE POTER PRO (バイクポーター PRO)の項目別評価


オプションの価格の安さと汎用性の高さが魅力です。別売りのキャスターセットを使えば、歩行移動も可能なため飛行機での輸送もできます。折りたためば薄く、非常にコンパクトになるので、シーズンオフ時も収納に困ることがありません。
・展開時サイズ:幅106×高さ74×奥行23cm


自転車配送に対応している運送業者情報


バイクポーターを担いで電車に乗り、飛行場まで移動するのを躊躇する人も少なくありません。そういった場合、目的地まで自転車を配送してくれる運送業者のご利用をおすすめします。運送業者は自転車を持って行かないという噂が広まっていますが、それは限られた会社だけのようです。STDサイズで三辺合計が226.5cmで、PROサイズで203cmですから、下記に掲載する運送業者では、STDとPROの両方もしくはPROのみで、自転車配送に対応しています。詳しくは各運送業者のサイトにある情報をご確認のうえ、ご利用ください。


1.西濃運輸 カンガルー自転車輸送便

http://www.cycle-seino.jp/
ほぼ、日本全国網羅しています。石垣島・宮古島トライアスロンに向けての説明も記載があります。


2.シクロエクスプレス

http://cycloexpress.co.jp/others/mark.php
※那覇〜宮古島間は、追加料金が6,000円かかるようです。石垣島も同様に追加料金が掛かります。


3.飛脚ラージサイズ宅配便

http://www.sagawa-exp.co.jp/service/h-largesize/
「3辺合計が160cmを超えるお荷物(260cm以内)・50kgまでのお荷物や複数個口のお荷物を、飛脚宅配便と同じスピードで全国にお届けいたします」と記載されています。宮古島・石垣島が対応可能か否かはお問い合せください。


4.サイクリングヤマト便(バイクポーターPROのみ)

https://cyclic.ne.jp/lp/index.html

梱包時の注意点

自転車は、前後輪をはずしてください。ディレイラー等のデリケートな部分は緩衝材で保護しておいて下さい。1,040×1,040×1,700mmのサイズのヤマトロールボックスパレットにて送るため、縦置き、混載になる場合があります。(リアディレイラーは外した方が安全です)

配送可能サイズ・重量

輪行袋・ハードケース・段ボール、いずれの場合も梱包後の自転車1台に付き三辺合計の実寸サイズが203cm以内に収まること、かつ梱包後の自転車1台に付き30kgまでが必須条件です。最長辺は170cmまで。上下逆さまにできないなど輸送状態に定めがある場合は横幅100cmまで。(輪行袋自体の最大サイズが203cmを超える場合であっても、自転車梱包後の実寸サイズが203cmに収まれば、配送可能です。)

配達日数

全国翌々日配達(宅急便のお届け日数+1日)
※離島・一部エリアを除く。日時指定不可。


国際線の自転車預入に関する情報


国際線の自転車預入に関する情報のリンク先を一覧にまとめてご紹介しています。無料の場合であっても、飛行機の機材によっては運べない場合があるようです。必ず直接各航空会社にご確認ください。


JETSTAR 有料

詳しくはこちら


バニラエア 有料

詳しくはこちら


アリタリア航空 無料(重量23kg以内)バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
念の為フライト前に必ず航空会社に直接ご確認ください。


マレーシア航空 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
念の為フライト前に必ず航空会社に直接ご確認ください。


タイ航空 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
念の為フライト前に必ず航空会社に直接ご確認ください。


シンガポール航空 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
スポーツ用品として自転車は無料のようですね。念の為フライト前に必ず航空会社に直接ご確認ください。


デルタ航空 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら


エミレーツ航空 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら


JAL 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ×

詳しくはこちら


ANA 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら


ルフトハンザ バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
サイズに関係なく23kg以内なら無料です。プラスもう1個23kgの荷物が預けられるそうです。ANAと同じ基準になりましたが、飛行機のよっては容積の問題が予めスペースの予約(無料)をして欲しいとのことでした。


ユナイテッド航空 有料

詳しくはこちら


英国航空 無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら
長さが190cm(75インチ)を超えない、電動式でない自転車は、保護用の自転車ケースに梱包されている場合には、預け入れ荷物の一部としてお持ちいただけます。


フィンランド航空 有料

詳しくはこちら
フライトの予約時に自転車預け入れの旨を伝えることが必須です。


エールフランス・KLM 有料

詳しくはこちら
2社とも同じグループなので同じルールのようです。


ニュージランド航空 条件により無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ◯

詳しくはこちら


カンタス航空 条件により無料 バイクポーターPROサイズ◯ STDサイズ△

詳しくはこちら

輪行・トランスポート用品の詳細なカテゴリ

輪行袋

輪行袋

輪行(自転車を分解して袋に入れ、それを持って電車に乗ること)時に使う専用のバッグです。耐久性に優れるモデル、ボトルケージに収まるほど小さなロードバイク専用モデル、前輪を外すだけのお手軽モデルなど様々なモデルが展開されています。周りの利用者に迷惑がかからないように、気持ちの良い輪行を心がけましょう。

遠征用ケース

遠征用ケース

遠征用ケースは、飛行機などを使った遠征などで重宝される自転車収納ケースです。ハードケースとソフトケースがあり、クッション性が高い加工がなされています。ケース自体が荷物になるほど大きいものになりますが、大切な自転車を衝撃などからガードしてくれます。多くのモデルでキャスターなどが付いており、転がして移動しやすくなっています。

輸送用梱包ケース

輸送用梱包ケース

自転車を海外や離島などに送るためのケースです。自転車レースやサイクリング、トライアスロンの大会などで、自転車の長距離輸送が必要な場合に適しています。サイズの小さいものほど、自転車のパーツを外して梱包する必要があります。衝撃吸収材などは使われていない場合が多いので、必要な箇所には緩衝材などを使用して下さい。

ホイールバッグ

ホイールバッグ

ホイールバッグは、ホイールを収納するバッグです。衝撃を吸収するための厚みがあるものや、コンパクトにまとめられる厚みの無いものがあります。輪行時に使用したり、いくつかホイールを所持し、使用しない方を室内で保管するときに使用したりします。ホイール1つ分のものと、2つ分のものがあります。

アクセサリ

アクセサリ

輪行時あると便利な小物類(エンド金具・中締めベルト・フレームカバー・スプロケットカバーなど)はこちらです。輪行袋によっては、エンド金具を必ず装着して収納するタイプのものもあります。フォークやフレームのエンドの破損・変形は、走行不能につながる事態ですので、持っておくと安心です。

輪行・トランスポート用品のおすすめブランド

grunge(グランジ)

grunge(グランジ)は1994年誕生で、MTBやアクティブなフィールドをイメージしたコストパフォーマンスの高いブランドです。一流選手からビギナーライダーまで、多くのライダーから支持されています。カーボンリジッドフォークや細かなサイズ展開のあるステム・ハンドル、カラー展開の豊富なサドルやシートポスト、工具から各種アクセサリまで多くの商品をラインナップしています。輪行・トランスポートグッズには、手軽な巾着タイプの輪行袋と、女性目線で作られた小さめのフレームのロードレーサー専用の輪行袋があります。

OSTRICH(オーストリッチ)

オーストリッチは、自転車用バッグの国内老舗メーカーです。輪行袋をはじめ、サドルバッグ、バッグパック、ホイールケース等、ツーリングの必須のアイテムを幅広く取り揃えています。好みに応じて選べる数々のバッグ・輪行袋は、競技志向のライダーから気軽にサイクリングを楽しみたいライダーまで、多くのライダーから支持を得ています。輪行・トランスポートカテゴリには、もはや定番となりつつある様々な輪行袋、輪行用のグッズ・アクセサリが並びます。

TIOGA(タイオガ)

TIOGA(タイオガ)は、アメリカのブランドで、タイヤ、輪行袋、ホイールケース、サドルバッグ、ボトルゲージ、バッグ、ブレーキパッド等を豊富に扱っている、信頼の総合自転車パーツメーカーです。ロード用・MTB用・クロスバイク・小径車・BMX用など様々なジャンルに対応するものを展開しており、用途や規格に合わせて適切なものを、比較的お求めやすい価格で提供しています。

輪行・トランスポート用品について

輪行・トランスポート用品の特徴・選び方を詳しく解説。輪行・トランスポート用品の選び方が分からない、迷ってる方に、輪行・トランスポート用品のオススメの選び方を紹介します。輪行・トランスポート用品選びにご参考ください。