輪行・トランスポート用品の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輪行・トランスポート用品

こちらのカテゴリには、自転車を分解して公共の交通機関などで運ぶ時に必要なもの、あると便利なものなどがならんでいます。大きさや厚みなどは、用途に合わせて選ぶと扱いやすくなります。輪行袋は大変便利なアイテムです。海外や離島などに持って行く場合には、遠征用ケースや輸送用梱包ケースが活躍します。公共の交通機関で大きな荷物を運ぶことになるので、取り扱いには注意が必要です。 輪行・トランスポート用品

輪行・トランスポート用品の詳細なカテゴリ

輪行袋

輪行袋

輪行(自転車を分解して袋に入れ、それを持って電車に乗ること)時に使う専用のバッグです。耐久性に優れるモデル、ボトルケージに収まるほど小さなロードバイク専用モデル、前輪を外すだけのお手軽モデルなど様々なモデルが展開されています。周りの利用者に迷惑がかからないように、気持ちの良い輪行を心がけましょう。

遠征用ケース

遠征用ケース

遠征用ケースは、飛行機などを使った遠征などで重宝される自転車収納ケースです。ハードケースとソフトケースがあり、クッション性が高い加工がなされています。ケース自体が荷物になるほど大きいものになりますが、大切な自転車を衝撃などからガードしてくれます。多くのモデルでキャスターなどが付いており、転がして移動しやすくなっています。

輸送用梱包ケース

輸送用梱包ケース

自転車を海外や離島などに送るためのケースです。自転車レースやサイクリング、トライアスロンの大会などで、自転車の長距離輸送が必要な場合に適しています。サイズの小さいものほど、自転車のパーツを外して梱包する必要があります。衝撃吸収材などは使われていない場合が多いので、必要な箇所には緩衝材などを使用して下さい。

ホイールバッグ

ホイールバッグ

ホイールバッグは、ホイールを収納するバッグです。衝撃を吸収するための厚みがあるものや、コンパクトにまとめられる厚みの無いものがあります。輪行時に使用したり、いくつかホイールを所持し、使用しない方を室内で保管するときに使用したりします。ホイール1つ分のものと、2つ分のものがあります。

アクセサリ

アクセサリ

輪行時あると便利な小物類(エンド金具・中締めベルト・フレームカバー・スプロケットカバーなど)はこちらです。輪行袋によっては、エンド金具を必ず装着して収納するタイプのものもあります。フォークやフレームのエンドの破損・変形は、走行不能につながる事態ですので、持っておくと安心です。

輪行・トランスポート用品のおすすめブランド

grunge(グランジ)

grunge(グランジ)は1994年誕生で、MTBやアクティブなフィールドをイメージしたコストパフォーマンスの高いブランドです。一流選手からビギナーライダーまで、多くのライダーから支持されています。カーボンリジッドフォークや細かなサイズ展開のあるステム・ハンドル、カラー展開の豊富なサドルやシートポスト、工具から各種アクセサリまで多くの商品をラインナップしています。輪行・トランスポートグッズには、手軽な巾着タイプの輪行袋と、女性目線で作られた小さめのフレームのロードレーサー専用の輪行袋があります。

OSTRICH(オーストリッチ)

オーストリッチは、自転車用バッグの国内老舗メーカーです。輪行袋をはじめ、サドルバッグ、バッグパック、ホイールケース等、ツーリングの必須のアイテムを幅広く取り揃えています。好みに応じて選べる数々のバッグ・輪行袋は、競技志向のライダーから気軽にサイクリングを楽しみたいライダーまで、多くのライダーから支持を得ています。輪行・トランスポートカテゴリには、もはや定番となりつつある様々な輪行袋、輪行用のグッズ・アクセサリが並びます。

TIOGA(タイオガ)

TIOGA(タイオガ)は、アメリカのブランドで、タイヤ、輪行袋、ホイールケース、サドルバッグ、ボトルゲージ、バッグ、ブレーキパッド等を豊富に扱っている、信頼の総合自転車パーツメーカーです。ロード用・MTB用・クロスバイク・小径車・BMX用など様々なジャンルに対応するものを展開しており、用途や規格に合わせて適切なものを、比較的お求めやすい価格で提供しています。

輪行・トランスポート用品について

輪行・トランスポート用品の特徴・選び方を詳しく解説。輪行・トランスポート用品の選び方が分からない、迷ってる方に、輪行・トランスポート用品のオススメの選び方を紹介します。輪行・トランスポート用品選びにご参考ください。