サイクル用キックスタンドの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用キックスタンド

スポーツバイクのキックスタンドは、チェーンステーとシートステーに取り付け使用するタイプと、自転車のBB側のチェーンステー付近に取り付けるセンタースタンドタイプが主流です。センタースタンドには、片足のものと両足のものがあります。しかしながら、基本的にはスタンドの取付を前提に設計されていないので、取付は現物合わせとなります。ホイールサイズ・フレーム形状にあったスタンドのみご使用いただけます。 サイクル用キックスタンド

サイクル用キックスタンドの詳細なカテゴリ

片足スタンド

片足スタンド

片足スタンドは、主にチェーンステーとシートステーに固定して使用します。チェーンステーのみの固定のものは、不安定になりやすくズレやすいのであまりオススメできません。カーボンバックやディスクブレーキ搭載の自転車では、取り付けできない可能性が高まります。固定部分の距離・角度の調整幅が広く、しっかりと固定できるものを選びたいところです。

センタースタンド

センタースタンド

センタースタンドには、一本足タイプのものと、両足タイプのものがあります。BB寄りのチェーンステーに余裕がある自転車でないと取付できません。一部車種では、チェーンステーのブリッジ付近に専用の取り付け穴があるものもあります。ホイールベースの短い競技志向の自転車には、ほぼ取り付けることが出来ないと思われます。

両立スタンド

両立スタンド

いわゆるママチャリで使用される後輪のハブ軸とフレームに取り付けるタイプのスタンドです。取り付けについては、変速機やフレームエンドの形状等を実際に確認してからの判断となるので、現物合わせの色合いが最も強いスタンドになります。スポーツタイプの自転車では、ほとんど取り付けられることはありません。

携帯スタンド

携帯スタンド

自転車本体に取り付けること無く、ペダルや後輪ハブ軸に使用して自転車を立てた状態のままにしておける携帯スタンドです。折りたたみ機構を搭載しており携帯性に優れます。他のスタンドと違い、フレームに固定しないので、自転車に傷はつきませんが、うまく使用しないと自立性が低く、自転車自体が転倒する可能性もあります。

アクセサリ

アクセサリ

スタンドバネや、スタンドに使用されているプレートなどの補修部品・アクセサリがこちらのカテゴリにあります。

サイクル用キックスタンドのおすすめブランド

AKI WORLD(アキワールド、アキパーツ)

アキコーポレーションが世界中から厳選を重ねチョイスし自信をもっておとどけするAKI WORLDサイクルパーツ。多くのジャンルのアイテムをラインナップし、アキコーポレーション取り扱いのLouis Garneauの自転車とも相性が良く、カジュアルでスタイリッシュなスポーツ自転車を演出します。

cycledesign(サイクルデザイン)

Cycledesign(サイクルデザイン)は、リーズナブルでラインナップ充実のRITEWAY PRODUCTS JAPANのオリジナルパーツ・アクセサリーブランドです。タイヤやチューブ、サドル、グリップ、スタンド、キャリアから、クランクセットやギア、ブレーキなどのコンポーネントパーツまで様々なものがラインナップされています。もはや総合パーツブランドといっても差し支えないでしょう。

GIZA(ギザ)

GIZA(ギザ)は、リーズナブルな価格でありながら高い機能をもつ、シュウイン、タイオガ、トピークなどの輸入・販売するマルイが展開するオリジナルブランドです。同社がバイクに関わってきた歴史は古く、その経験からライダーのニーズを満たす様々な商品を並べています。ホビーライダーや街乗りライダーを中心に高い支持があります。

サイクル用キックスタンドについて

サイクル用キックスタンドの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用キックスタンドの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用キックスタンドのオススメの選び方を紹介します。サイクル用キックスタンド選びにご参考ください。