カーキャリア(自動車積載用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーキャリア(自動車積載用)

カーキャリアは、自転車を運搬する際に、自動車に自転車を取り付ける道具です。鉄道網の未発達な地域への輪行の代替や、様々な荷物を運ぶレース会場への交通手段等として利用されています。複数台搭載できるものもあるので、仲間内でベース地点まで運転し、そこからサイクリングを楽しむ方もおられます。積載の方法で特徴が異なるので、車種や好み・スタイルに合わせてお選びいただくと良いかと思います。 カーキャリア(自動車積載用)

カーキャリア(自動車積載用)の詳細なカテゴリ

車内積載用

車内積載用

社内積載用のカーキャリアは、自動車の車内に自転車を積むためのカーキャリアです。自転車をそのまま積み込むより倒れにくく安全です。他のカーキャリアに比べ、車内に保管できるため、風雨にさらされることなく自転車を綺麗なまま運べます。固定方法や車内に必要なスペースの面積などに気をつける必要があります。

ルーフキャリア

ルーフキャリア

ルーフキャリアは、自動車の屋根に自転車を積むことの出来るキャリアです。車内のスペースを狭くすることなく自転車を運べます。また、運転中に視界を遮ることがないので、運転中の安全性を損ねません。屋根に取り付けることにより高さが出ますので、トンネルや高さ制限のある道路を走行する場合には注意が必要です。

後部キャリア

後部キャリア

後部キャリアは、自動車の後部に自転車を吊るして積むことの出来るキャリアです。車内のスペースを狭くすることなく自転車を運べます。また、自転車を取り付ける取り付けるときにきちんと確認しやすく、安全に取り付けることができます。自動車後部が確認しにくくなったり、自転車によっては、そのまま取り付けると自動車の横幅より大きくなる場合があるので注意が必要です。

カーキャリア(自動車積載用)のおすすめブランド

MINOURA(ミノウラ、箕浦)

MINOURA(ミノウラ)は、1933年に荷台・スタンドのメーカーとして設立された日本のメーカーです。1985年に世界で最初の一般向けワークスタンド(自転車整備台)「W-1」を、そして1989年にはこれも世界で最初の永久磁石を利用したトレーナー(室内練習機)「マグターボ」を開発し発売しました。現在は、ローラー台を始めとするサイクルトレーナーやキャリア、キックスタンド、ワークスタンド、室内や車内での使用を目的としたディスプレイスタンド、その他アクセサリー等を展開しています。

車で行った先で自転車に乗りたい。そんな時にはテルツォのルーフキャリアやルーフボックスに自転車をつんで出かけましょう。

大手自動車部品メーカーPIAA(ピア)が自転車を搭載するためにプロデュースしたのがTERZO(テルツォ)です。

THULE(スーリー)

車で運んで自転車を楽しむ。THULE(スーリー)はそんなライフスタイルを提案した車外搭載ルーフなどのメーカーです。人があって自転車がある。そんな当たり前だけど忘れがちな事をしっかり押さえた製品と、車に装着しても違和感のないデザインは、世界中にファンがいます。THULEのカーキャリアは、ルーフキャリアが主流です。大切なものを安全に、手軽に、そしてスタイリッシュに運ぶために役立つ手段を提供しています。

カーキャリア(自動車積載用)について

カーキャリア(自動車積載用)の特徴・選び方を詳しく解説。カーキャリア(自動車積載用)の選び方が分からない、迷ってる方に、カーキャリア(自動車積載用)のオススメの選び方を紹介します。カーキャリア(自動車積載用)選びにご参考ください。