コンフォートなミニベロ(小径ホイール)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)

コンフォートタイプのミニベロはデザインの可愛さから街乗りで人気です。コンパクトな車体は小回りがきいて細い路地なんかもスイスイと走れます。乗り降りもスマートで、チョッとしたショッピングやカフェへの寄り道などにピッタリです。フレーム形状も多彩で、カラーバリエーションも豊富なので、ミニベロはカジュアルなファッションアイテムとしても人気です。タイヤが小さいと漕ぐのが大変?と思われますが、大きいギヤを装備して1漕ぎで進む距離は普通の自転車と遜色有りません。

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)の特徴

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)の特徴

  1. 1ハンドル

    ストレートハンドルや幅が狭めのライザーバーなど、初心者の方でも親しみやすい形状のハンドルバーが装備されます。ブレーキレバーの操作もシティサイクルと同様で、違和感を感じることなく乗車できます。

  2. 2フレーム

    個性的なルックスで人気の車種なので、様々なフレーム形状のものがあります。サスペンションを装備したものなどは、小径のデメリットである振動吸収をカバーしており、乗り心地も良くなっております。

  3. 3ギヤチェンジ

    それ程の長距離、ハイスピードを前提とした車種ではありませんので、フロントはシングル、変速はリアのみといった車種も多くラインナップされます。シンプルな操作で普段の気軽な街乗りにはピッタリです。

  4. 4タイヤ

    タイヤは20インチもしくはそれ以下の小さい径のものが採用されます。街乗りでの乗り心地を意識して、クッション性の良い1.5インチ以上の幅のタイヤが多く採用されます。

街中での小回りも効いて、使い勝手の良いコンフォートタイプのミニベロですが、見た目の可愛さからお洒落な方のファッションアイテムとしてもオススメです。サドルやグリップなどのパーツをカラフルなものにカスタムして自分だけの1台をお気軽に作れるのも魅力。

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)のブランド

Bianchi(ビアンキ)コンフォートなミニベロ(小径ホイール)

Bianchiはイタリアのミラノで1885年に創業した、古い歴史をもつ自転車ブランドです。ビアンキのブランドカラー、イタリア語で空色を意味する「チェレステ」は、ロードレースやMTBでの伝説的なチャンピオンのジャージと自転車の色として、世界中で注目されました。コンフォートタイプのミニベロには、フェンダーが標準装備のものがあります。街中での使用でお洒落を演出できます。モデル名にladyと入っているものについては、女性でもまたぎ易い設計になっています。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)コンフォートなミニベロ(小径ホイール)

カラフルなカラー展開と、お求め易い価格が人気のLOUIS GARNEAUの自転車。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)について

コンフォートなミニベロ(小径ホイール)の特徴・選び方を詳しく解説。コンフォートなミニベロ(小径ホイール)の選び方が分からない、迷ってる方に、コンフォートなミニベロ(小径ホイール)のオススメの選び方を紹介します。コンフォートなミニベロ(小径ホイール)選びにご参考ください。