折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

折畳み自転車(フォールディングバイク)

フレームやハンドルなどの折りたたみが出来るように設計された自転車で、非常にコンパクトになります。工具を使わずにレバー操作などで簡単に折り畳めるので専用バッグに入れて電車や自動車で運ぶことも容易で、旅行にも大変便利。また、普段の駐輪スペースもコンパクトですから、玄関に置くこともできます。見た目も個性的なデザインのものが多く、折りたたまなくても十分に魅力的なモデルが多数ラインナップされています。

折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴

折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴

  1. 1ハンドル

    親しみやすいストレートバーを採用するモデルが主流ですが、スポーティなモデルではドロップバーやブルホーンパーも採用されます。乗車姿勢も様々ですが、比較的上体が起きたコンフォートなものが多いようです。

  2. 2ギヤチェンジ

    変速機は様々ですが、街乗りを重視し前の変速機を省いたものが多いようですが、スポーティなモデルでは前2・後8〜9段といったロードバイクに迫るギヤ段数、そして走行性能を備えたモデルもあります。

  3. 3フレーム

    もっとも特徴的なのは骨組み部分であるフレームに折り畳み機能があることです。その折り畳み方は各社の工夫が見られ、非常にコンパクトに折り畳むことが出来、専用のバッグで持ち運びや自動車への積載が可能です。

  4. 4タイヤ

    タイヤは20インチもしくはそれ以下の小さい径のものが採用されます。直径の小ささにより慣性モーメントが小さく、スタートや上り坂が楽に走行できる特徴があります。見た目の可愛さもポイントです。

折畳み自転車(フォールディングバイク)の更に詳細なカテゴリ

スポーティー

スポーティー

折りたたみ自転車にも走りの性能を優先したモデルが多数あります。ドロップハンドルやブルホーンバーを装備し、しっかりと前傾のスポーティーなポジションで、ハイスピード・長距離走行にも対応できる安定した設計のものもあります。慣性モーメントの小さい小径の特徴である、漕ぎだしの軽さや登坂性能の高さも魅力です。

コンフォート

コンフォート

コンフォートタイプの折りたたみ自転車は、コンパクトな保管スペースとデザインの可愛さから街乗りで人気です。コンパクトな車体は小回りがきいて細い路地なんかもスイスイと走れます。乗り降りもスマートで、チョッとしたショッピングやカフェへ寄り道などにピッタリです。

折畳み自転車(フォールディングバイク)のブランド

折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴・用途

折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴・用途

ダウン向き スポーティー

※ カテゴリ名をクリックすると詳細ページへジャンプします。

折畳み自転車(フォールディングバイク)について

折畳み自転車(フォールディングバイク)の特徴・選び方を詳しく解説。折畳み自転車(フォールディングバイク)の選び方が分からない、迷ってる方に、折畳み自転車(フォールディングバイク)のオススメの選び方を紹介します。折畳み自転車(フォールディングバイク)選びにご参考ください。