トラックレース用ピストバイクの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

トラックレース用ピストバイク

トラックレーサーとは、陸上競技のトラックのような長円形をした専用の競技場(競輪場)で、行われる競輪やタイムトライアルといった周回競技に使用される自転車。ピストバイクは専用の競技場での使用を前提としている為、ブレーキは装備されず、ギヤも固定のものが使用される為、そのままの仕様で公道を走ることはできません。日本ではギャンブルのイメージも濃いが、オリンピックでも多くの種目が採用されており、特にヨーロッパでは非常に歴史のある競技です。

トラックレース用ピストバイクの特徴

トラックレース用ピストバイクの特徴

  1. 1ハンドル

    ドロップバーが装着されますが、上部にストレート部分のない、ピストバーと呼ばれるものが主流です。ロードバイクなどの多彩なポジション確保という目的はなく、低いハンドル位置で力を入れるという目的に特化した形状です。

  2. 2フレーム

    競輪用はクロモリを始めスチールが使用されますが、アマチュア競技用ではロードバイク同様にカーボン素材やエアロ形状のフレームがラインナップされます。

  3. 3ギヤチェンジ

    競技用はフィクスド(固定)ギヤが採用されますが、街乗りを意識したモデルではフリーギヤが採用されます。一般的な自転車からの乗り替えでも、後輪の両サイドにフリーと固定ギヤ両方を装備し、ホイールを裏返すことで使い分けできるものもあります。

  4. 4タイヤ

    タイヤは路面抵抗を抑えた700×23cなどの細いタイプが主流で、競技ではチューブラーが使われます。ピスト競技用のタイヤは耐久性が低い為、公道ではロード用のタイヤを使用してください。

ノーブレーキ、フィクスドギヤでの街乗りは危険です。公道での走行は前後ブレーキとフリーギヤを装着が必須です。後輪の両側にギヤが装着され、片方はフィクスド(固定)ギヤ、反対側はフリーギヤの設定のものは使い分けができるので、公道での走行にも使用する場合には便利です。

トラックレース用ピストバイクのブランド

FELT(フェルト)トラックレース用ピストバイク

FELTは、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった世界最高のレースを闘うチームをサポートするロードバイクのトップブランドです。純競技用のトラックレーサーも展開しています。そのTKシリーズはタイムトライアル/トライアスロンモデルのDAシリーズと同じように超軽量でありながら徹底的に空気抵抗の削減を進めています。トップアスリートの協力と最新テクノロジーによる解析で、バンクを走行した時に最も効果が出るデザインを追求しています。

FUJI(フジ)トラックレース用ピストバイク

日本生まれの世界の自転車ブランドFUJI。本格的なフルカーボンピュアレーシングバイクから日常を楽しくするポップなコンフォートバイクまで、幅広いラインナップが若者中心に人気のブランドです。トラックレーサーは、軽量で高い空力性と剛性を備えています。アルミ製の本格トラックレーサーは前後ブレーキ搭載で、世界中のストリートでも活躍しています。FUJI独自のアルミ合金は既成概念を吹き飛ばすほどのパフォーマンスを発揮し、国内トラック競技において、カーボンフレームを相手に勝利を重ね、その性能を証明しています。

All-City(オールシティ)トラックレース用ピストバイク

2009年にトラック/シングルスピードバイク専門ブランドとして誕生したフレッシュなブランドです。アーバンサイクリングの文化とその道具の進化に貢献する事を目標としています。お金のためだけでなく、ライダーがライダーのために物を作り、自転車を通じた豊かな人生・仲間づくりをみんなで分かち合うことを目指しています。ここ数年はロードやシクロクロスモデルと次々に新しいカテゴリのバイクもリリースしています。トラックレーサーは、純粋なレーサージオメトリを採用し、All-CityのファーストモデルであるBig Blockは、UCI基準に適合しています。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

トラックレース用ピストバイクについて

トラックレース用ピストバイクの特徴・選び方を詳しく解説。トラックレース用ピストバイクの選び方が分からない、迷ってる方に、トラックレース用ピストバイクのオススメの選び方を紹介します。トラックレース用ピストバイク選びにご参考ください。