26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)

上り下りのある長距離のコースをトータルで速く走ることを目的にしたハードテイルクロスカントリーバイク。リアにサスペンションを装備しないためペダリングロスが少ないことが特徴で、その中でも26インチホイールを採用するこのカテゴリーのバイクは、26インチホイールは外径が小さいことによる高いホイール剛性と旋回性によるのハンドリングが魅力で、操ることを楽しむライディングと信頼性の高さが魅力のハードテイルクロスカントリーバイクです。

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)の特徴

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    前傾姿勢確保のためにストレートバーかライズの小さいライザーバーが採用されます。幅はMTBの中では比較的狭めの560〜600mm位のものが一般的ですが、トップ選手などはカットして使用する方もおられます。

  2. 2フレーム・フォーク

    フロントフォークは80〜100mmトラベルのサスペンションを装備しますが、フレームは上りでのパワーロスをなくすために、高剛性のアルミフレームが多く採用され、ハイエンドのモデルにはカーボン素材を採用するものもあります。

  3. 3ギヤチェンジ

    フロントギヤは急な上り坂から、ハイスピードの下りまで対応するためにワイドなギヤ比が確保できるトリプルギヤが主流ですが、レース用上級モデルではダブルのものもあります。リヤは8〜10段でスプロケットもロー側が32〜34Tといった非常に軽いギヤ比が用いられます。

  4. 4タイヤ

    タイヤは路面とのグリップを確保するブロックパターンで26×2.0前後のものが主流。グリップ力の高いブロックパターンが採用されますが、レース用のモデルでは路面抵抗を少なくするためにブロックが低めのものが採用されます。

26インチホイールはMTBに使われるホイールの中では最も短いスポークを使うのでホイール剛性は高く、フレームも構成するパイプ長が短くなるため高い剛性を確保することが出来ます。バイク全体で高い剛性を確保できるので、鋭いコーナーでの取りまわしは非常によく、タイトなコーナーが連続する登山道のようなシングルトラックなどは得意なフィールドです。MTBの中ではもっとも歴史のあるタイヤサイズなので、交換用タイヤの種類も多くラインナップされます。

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)のブランド

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)について

26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)のオススメの選び方を紹介します。26インチのハードテイルクロスカントリー/XCマウンテンバイク(MTB)選びにご参考ください。