29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)

ハードテイルオールマウンテンにカテゴライズされるMTBはダイレクトなペダリング感覚とハンドリング、重心移動による姿勢変化と、操ることを最大限に最大限に楽しむことが出来るマウンテンバイクです。その中でも26インチホイールを採用するこのカテゴリーのバイクは、その中でも29インチホイールを採用するこのカテゴリーのバイクは、大きな外径のホイールにより障害物を乗り越える高い走破性、大きな接地面積の高いグリップ性能による登坂性能と安定性、速度維持しやすい巡航性で、ロングディスタンスやハードな路面で高い性能を発揮することが魅力のフルサスオールマウンテンタイプのMTBです。

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    下り坂やアクションでの操作性を考慮して、高めのハンドル位置、アップライトな乗車ポジションを確保しやすいライザーバーが採用されます。幅はクロスカントリー用よりも広めの600〜660mm位が一般的です。

  2. 2フロント・フォーク

    フロントフォークは100〜150mmのサスペンションを装備しハードな下りやジャンプなどのアクションにも対応する頑丈なフレーム設計となります。素材はアルミニウムとクロモリが多く使用されます。

  3. 3ギヤチェンジ

    フロントギヤは地面とのクリアランスを意識してアウターを省いたダブルや、フィールドを絞りフロントをシングルギヤにしてチェーンデバイスを採用したモデル。さらにリヤの変速をも省いてシングルスピードのモデルなど多彩です。

  4. 4タイヤ

    29インチホイールサイズは乗り越え性能とトラクション性が非常に高く、クルージング性能も抜群です。タイヤはブロックパターンで若干太めの幅2.2前後のものが主流。ダートジャンプやストリート系に向いた設計のモデルはスリックに近いデザインのタイヤが用いられることもあります。

29インチのホイールサイズはMTBに使われるホイールの中では最も大きいホイールで、障害物を乗り越える能力が高く、また、設置面積も大きいので登坂時のグリップや高速のコーナーリングでの安定感は非常に高くなります。ハイスピードでの巡航や、長距離ツーリングがなどは得意なフィールドです。MTBの中ではもっとも大きい車体になるので小柄なライダーはポジションのセッティングに無理がでる場合があります。

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)のブランド

KONA(コナ)29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)

KONAは、カナダのMTB総合ブランドです。MTBは、ハードコアライダーにも人気の幅広いラインナップを誇ります。シクロクロスやクロスバイク、コミューターバイク、キッズ用のスポーツ自転車などを展開しています。MTBのハードテイルオールマウンテン(29インチ)は、人気のクロモリモデルのHONZOなどがあります。やや寝かされたヘッド角や短いチェーンステー、12mmのリアアクスルで、トレイルの走破性や快適性が向上し、アグレッシブなライディングが可能です。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)について

29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)のオススメの選び方を紹介します。29インチのハードテイルオールマウンテン(MTB)選びにご参考ください。