ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

ハードテイルオールマウンテン(MTB)

ハードテイルオールマウンテンとは、プレイバイクやストリートMTBとも呼ばれ、競技で速く走ることだけではなく、ライディングそのもの、つまり自転車を操ることを楽しむために特化したマウンテンバイク。非常に強度・剛性の高いフレームが特徴で、ダートジャンプや4X(フォークロス)から気軽な街乗りまで使われ、ダウンヒルでもレースではなく楽しむのであればダイレクトな操作感が魅力です。

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    下り坂やアクションでの操作性を考慮して、高めのハンドル位置、アップライトな乗車ポジションを確保しやすいライザーバーが採用されます。幅はオールマウンテン用よりも広めの640〜680mm位が一般的です。

  2. 2ギヤチェンジ

    フロントギヤは地面とのクリアランスを意識してアウターを省いたダブルや、フィールドを絞りフロントをシングルギヤにしてチェーンデバイスを採用したモデル。さらにリヤの変速をも省いてシングルスピードのモデルなど多彩です。

  3. 3フレーム・フォーク

    フロントフォークは100〜150mmのサスペンションを装備しハードな下りやジャンプなどのアクションにも対応する頑丈なフレーム設計となります。素材はアルミニウムとクロモリが多く使用されます。

  4. 4タイヤ

    高いグリップを確保するブロックパターンで若干太めの幅2.1〜2.3位のものが主流。ダートジャンプやストリート系に向いた設計のモデルはスリックに近いデザインのタイヤが用いられることもあります。

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の更に詳細なカテゴリ

26インチ

26インチ

小さな外径の26インチホイールは軽量で加速性が良く、ホイール剛性も高く旋回性に優れる。26インチホイールのマウンテンバイクは熟成されたハンドリングと信頼性の高さで走りそのもの、操ることを楽しむことが出来ます。

27.5インチ

27.5インチ

26インチと29インチの間に位置するサイズの27.5インチホイールは、両方のメリットを高い次元でバランスさせるべく登場し、注目を集めています。

29インチ

29インチ

大きな外径の29インチホイールは高い走破性とコントロール性を備え、安定したハイスピードクルージングを得意とします。高速巡航や、一定のペースで走行するシチュエーションが最も得意分野となります。

ハードテイルオールマウンテン(MTB)のブランド

KONA(コナ)

KONA(コナ)

KONAは、カナダのMTB総合ブランドです。MTBは、ハードコアライダーにも人気の幅広いラインナップを誇ります。シクロクロスやクロスバイク、コミューターバイク、キッズ用のスポーツ自転車などを展開しています。MTBのハードテイルオールマウンテンにもKONAは数車種展開しています。バイクのポテンシャルを最大限に引き出すために、シンプルでありながらも多くのテクノロジーが詰まったものとなっており、MTBの楽しさを実感させてくれます。

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・用途

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・用途

29インチ 27.5インチ 26インチ

※ カテゴリ名をクリックすると詳細ページへジャンプします。

ハードテイルオールマウンテン(MTB)について

ハードテイルオールマウンテン(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。ハードテイルオールマウンテン(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、ハードテイルオールマウンテン(MTB)のオススメの選び方を紹介します。ハードテイルオールマウンテン(MTB)選びにご参考ください。