29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)

シティ用マウンテンバイクは、本来、悪路走行に対応するための高い走破性をもつ太いタイヤによる、乗り心地の良さに着目し、その快適性をメリットとして、街中の舗装路での走行に最適化した自転車。その中でも29インチホイールを採用するこのカテゴリーのバイクは高い巡航性能で一定スピードでの走行に向いています。タイヤサイズが大きいため、高い身長の方にも違和感無くご乗車いただくことが出来ます。

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)の特徴

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)の特徴

  1. 1ハンドル

    操作性を優先したストレートタイプのハンドルバーが採用されます。リラックスしたポジションで走行できるように幅が少し広いライザーバーを採用するモデルも見られます。

  2. 2フレーム・フォーク

    軽量なアルミニウムのフレームに、街中の段差走行の衝撃を吸収し乗り心地を良くするためのサスペンションを搭載するモデルが主流。

  3. 3ギヤチェンジ

    変速機は、前3・後8〜10段が主流。舗装路から、急な斜面も走行可能です。ハイスピードから、非常に軽くて歩く位のスピードまで対応する幅広いギヤ比が採用されます。

  4. 4タイヤ

    タイヤは舗装路面とのグリップを確保する為スリックパターンが主流です。29×2.0前後のタイヤ幅で街中の段差の衝撃吸収に優れる。

サスペンションの有無やタイヤの太さにより乗り心地が変わります。サスペンションフォークを搭載したモデルは重量増になりますがクッション性が良く、段差を乗り越える際にも手に伝わる衝撃が緩和されます。2.0以上の太いタイヤを装着したモデルは路面抵抗は増しますが、大きなエアボリュームによりクッションが良くなります。MTBの中では比較的新しいタイヤサイズなので、交換用タイヤの種類は少な目になります。

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)のブランド

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)

カラフルなカラー展開と、お求め易い価格が人気のLOUIS GARNEAUの自転車。シティー・街乗用MTB(29インチ)は、人気のLGS-FIVEシリーズが該当します。ダートロードだけでなく、アスファルト路面でも高い走行性を実現し、クロスバイクに負けない走りを可能にします。大きなホイールによって歩道の段差なども走行しやすく、街中走行においても快適性の高さを発揮します。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)について

29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方を詳しく解説。29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)の選び方が分からない、迷ってる方に、29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)のオススメの選び方を紹介します。29インチのシティー・街乗用マウンテンバイク(MTB)選びにご参考ください。