12インチの幼児用自転車の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

12インチの幼児用自転車

幼児用に自転車に求められる安全性・操作性を追求した12インチモデル。転倒時の怪我を防ぐハンドルパッドやズボンの裾を巻き込まないようにチェーンガードを装備。スタイリッシュなデザインも魅力の自転車です。

12インチの幼児用自転車の特徴

12インチの幼児用自転車の特徴

  1. 1ハンドル

    お子様に合わせた小さなハンドル周りは操作性抜群で安心の設計です。さらに転倒時の怪我を防ぐステム&ハンドルパットが付いているモデルはさらに安全です。

  2. 2フレーム

    フレームは体格に合わせてコンパクトに設計されます。サドルの高さはもちろん、サドルからハンドルまでの距離、また操作性を考慮してホイールベースなど各部の寸法がバランスよくダウンサイジングされます。

  3. 3クランク・ギヤ

    クランクは足の長さに合わせた短めのものが採用されます。また、走行スピードもゆっきりなのでギア比も軽い設定になります。

  4. 4サドル

    同じ12インチホイールのKids用自転車でも国内メーカーよりサドル位置は高めになります。

幼児用自転車ではお子様の体格に合ったインチサイズを選ぶことが重要です。また12インチサイズの幼児用自転車には補助輪付きのモデルがほどんどです。初めての自転車練習に最適なモデルです。 お子様の安全な走行のためヘルメット着用が必要です。

12インチの幼児用自転車のブランド

SCHWINN(シュウィン)12インチの幼児用自転車

SCHWINNは、1895年に誕生したアメリカの自転車ブランド。クルーザーが有名ですが、ロードバイクやMTB、豊富なクロスバイク・コミューターを展開しています。幼児用自転車の12インチは、補助輪が標準装備され、概ね身長が100cm台前半のお子様の「初めての自転車」に最適です。男の子向けのカッコイイカラーと、女の子向けの可愛らしいカラーのものがあります。

GT(ジーティー)12インチの幼児用自転車

GTは、1973年、ゲーリー・ターナーが自分の息子用のBMXバイクを作ったことに端を発するアメリカのブランド。現在はMTBやBMXはもちろん、ロードレーサーやクルーザー、シティサイクルまでラインナップする一大ブランドです。幼児用自転車の12インチは、概ね身長が100cm前後のお子様の「初めての自転車」に最適です。GTらしさが感じられるデザインで人気があります。補助輪も標準装備されています。

HARO BIKES(ハローバイクス)12インチの幼児用自転車

HARO BIKESは、BMX FREESTYLEの元祖ブランドです。現在では、多様なMTBやBMXを中心にシングルスピードやキッズバイクも展開しています。幼児用自転車の12インチといえば、Z12モデルです。足つき性の良いフレームに補助輪も標準装備で、生まれて初めての「ペダル付きバイク」に最適です。2〜5歳程度のお子様に合わせやすいサイズとなっております。バランスバイクのPREWHEELZもあります。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

12インチの幼児用自転車について

12インチの幼児用自転車の特徴・選び方を詳しく解説。12インチの幼児用自転車の選び方が分からない、迷ってる方に、12インチの幼児用自転車のオススメの選び方を紹介します。12インチの幼児用自転車選びにご参考ください。