シクロクロスの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

シクロクロス

シクロクロスとは、700cホイールのロードバイクの走破性をアップする為、30〜35c程度の太いタイヤにも対応できるように設計された自転車。太いタイヤの装着とオフロードでの泥詰まりに対応するため、ブレーキはクリアランスの確保できるカンチブレーキが多く採用されます。また、乗り心地もよいので競技の他、ツーリングにも使われ、舗装路でのツーリングに特化したモデルもラインナップされます。

シクロクロスの特徴

シクロクロスの特徴

  1. 1ハンドル

    力強いペダリングの為、また、色々な乗車姿勢をとる為に基本的にはドロップハンドルバーが採用されます。乗車姿勢は前傾姿勢になり、未舗装路でのハイスピード走行や長距離の走行に適します。

  2. 2ギヤチェンジ

    変速機は、前2・後9〜11段が主流。段数はロードバイクとほぼ同じですが、オフロード走行を考慮し全体に少し軽めのギヤ比になります。ツーリングを意識したモデルでは前3段を採用するモデルも見られます。

  3. 3ブレーキ

    フレーム形状は見た目はロードバイクに酷似しますが、太目のタイヤを装着できるようにブレーキの形状が異なります。カンチブレーキが主流ですが、レース用のモデルの一部にはディスクブレーキも装備されます。

  4. 4タイヤ

    タイヤは幅3cm前後とロードバイクより太いものが採用されます。トレッド面に凸凹のあるブロックタイヤでオフロードでの安定した走行が可能です。ツーリングを意識したものは滑らかなスリック系のタイヤが採用されます。

シクロクロスの更に詳細なカテゴリ

レーサー

レーサー

シクロレーサーとは、ヨーロッパのロードレース選手の冬季トレーニングとして始まったオフロードで行われるシクロクロス競技用の自転車。走破性向上の為に太目のタイヤが装着され、泥詰まりを考慮してフレームのタイヤクリアランスも大きく確保されます。

ツーリング向

ツーリング向

シクロスレーサーで培われた技術を元にツーリング向けに設計されたシクロクロス、乗り心地の良いフレーム設計とどんな条件下でも制動性を発揮するディスクブレーキは通勤や通学などの街乗りで性能を引き出せます。

シクロクロスの特徴・用途

シクロクロスの特徴・用途

ツーリング用シクロ シクロレーサー

※ カテゴリ名をクリックすると詳細ページへジャンプします。

シクロクロスについて

シクロクロスの特徴・選び方を詳しく解説。シクロクロスの選び方が分からない、迷ってる方に、シクロクロスのオススメの選び方を紹介します。シクロクロス選びにご参考ください。