ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMX

ハンドルを何回転もさせることができるジャイロを装備したダートジャンプ/ストリート用BMX。ジャイロ機構とはフリースタイル専用部品でハンドルを何回転させてもワイヤーが絡まないようにするための仕組み。途中で二股に分かれるブレーキワイヤーと、ステム下にある2重リングの組み合わせで回転を吸収出来ます。ハンドルの回転に制限がないのでアクションの幅が広がります。

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXの特徴

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXの特徴

  1. 1ハンドル

    ハンドルバーは大きくライズしクロスバーという補強の入った専用のタイプが用いられます。ハンドルの高さは、他のスポーツバイクがステムで調整するのとは異なり、ハンドルバーのライズ量で調整します。ハンドルを回転させてもワイヤーが絡まないようにする為にジャイロ機構が搭載されている。

  2. 2フレーム

    ジャンプなどのアクションでフレームに大きな力がかかるので、金属疲労による破断に強いスチール(クロモリ)フレームが主流です。ペグはモデルにより2〜4本装備されます。

  3. 3クランク・ギヤ

    以前は左右のクランクが1体となって1ピースが主流でしたが、最近はBB軸とクランクが別体の強度の高い3ピースが主流。クランク長は170〜180mm、フロントギヤの歯数は25T前後、リヤコグは9Tが一般的。

  4. 4タイヤ

    タイヤは20インチで幅が1.75〜2.125が主流。舗装路を走行することが多いので、グリップの安定するスリック系のタイヤが多く採用されます。空気を入れるバルブは丈夫なアメリカンバルブが主流です。

サイズは標準的体格の男性の場合、トップチューブ20.5〜21.0あたりになります。ストリートに使う場合は短めの(13.1〜13.5)チェーンステー、ダートジャンプの場合は長め(13.5〜)が使いやすいサイズです。 フレームは強度の高いクロモリが人気で、上位機種はフレーム全部がクロモリを使用していますが、下位モデルになれば前三角のみクロモリを採用したもの、エントリーグレードでは安価なハイテンション鋼のフレームになります。

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXのブランド

GT(ジーティー)ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMX

GTは、1973年、ゲーリー・ターナーが自分の息子用のBMXバイクを作ったことに端を発するアメリカのブランド。現在はMTBやBMXはもちろん、ロードレーサーやクルーザー、シティサイクルまでラインナップする一大ブランドです。

Fitbikeco.(フィットバイクカンパニー)ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMX

Fitbikeco.は、2000年台の世界のBMX界で最も成長・成功したブランドと言われています。若いライダー層にBMXの魅力をアピールすべく、徹底した物作りと、それまでにないデザインセンスでクールなアイテムを続々と発表しています。

価格帯

価格帯

用途・特徴

  • ヒルクライム
  • 街乗り
  • フィットネス

※価格帯はあくまでも目安です。各モデルの詳細な価格などご不明点は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXについて

ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXの特徴・選び方を詳しく解説。ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXの選び方が分からない、迷ってる方に、ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMXのオススメの選び方を紹介します。ジャイロ付きのダートジャンプ/ストリート用BMX選びにご参考ください。