weider(ウイダー)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

weider(ウイダー)の取扱いカテゴリ(パーツ)

weider(ウイダー)について

森永製菓株式会社は、1983年にスポーツ科学の先駆者「米国・ウイダー社」と事業提携し、米国の先進的なトレーニング・栄養ノウハウ・サプリメント等を日本流にアレンジすることから始め、常に「本物」を追求してきました。その結果、1994年に「ウイダーinゼリー」を完全なる独自商品として発売しました。アスリートをバックアップするための栄養とトレーニングについて、日々研究を重ねています。

weider(ウイダー)の歴史

1983年 森永製菓がアメリカ・ウイダー社と業務提携。
1984年 ウイダーブランドのサプリメントを発売。
1986年 ウイダーハイテクラボ開設。
1992年 「ウイダーinドリンク」発売
1994年 「ウイダーinゼリー」発売。
1999年 総合的なスポーツ支援を展開。

特徴

「10秒チャージ、2時間キープ。」というフレーズが頭に残っている人も多いウイダー。1984年スポーツジムやスポーツ用品店から販路を拡大。サプリメントだけでなく、トレーニングのノウハウも消費者から大変支持されおり、書籍なども大人気でした。1988年のソウルオリンピック以降アスリートのカラダづくりを総合的にバックアップし、1992年の「ウイダーinドリンク」を皮切りに独自の製品開発をスタート。現在はあらゆるジャンルのプロスポーツアスリートをサポートしています。自転車用にも最適な補給食・サプリメントも販売しています。