Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)チューブの詳細なカテゴリ

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア) チューブの特徴・選び方

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)特徴

特徴

自転車タイヤの生産を初めて60年。常に最先端のタイヤを作り続けているVittoria(ヴィットリア)。タイ・バンコクにある工場では研究開発から生産まで一貫して行われています。トレーニングでは、やはりWOが便利です。いくらチューブラーのほうが乗り心地がいいとは言え、トレーニング中のパンクでリカバリー後に完全復帰できないのは、かなりの難点です。Vittoria(ヴィットリア)のWOを使用すれば、快適性を損なわずに、トレーニングが可能です。

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)選び方

選び方

開発段階で、WOはタイヤとチューブを合わせて考えられています。この組み合わせは無論、自社製品です。チューブはなんでも言い訳ではありません。正しくタイヤの性能を発揮するには、正しいチューブを入れる必要があります。ULTRALITE BUTYL TUBE(ウルトラライトブチルチューブ)はレースでも十分に使用できるレベルの軽さを兼ね備えています。ラテックスと違い空気抜けも少ないので、メンテナンスも容易です。非常に薄いのでタイヤのしなりに合わせて、チューブが柔軟に対応できるので、グリップ感が増すのです。チューブの劣化は、気付きいにくいものです。定期的に交換し安全なトレーニングを心がけましょう。