VELO(ヴェロ)ハンドル・ステム・ヘッドを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

VELO(ヴェロ)ハンドル・ステム・ヘッドの詳細なカテゴリ

VELO(ヴェロ) ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方

VELO(ヴェロ)特徴

特徴

30年もの間、サドルを作り続けているVELO社は、研究に研究を重ね商品化されます。伝統的な製法も大切にしつつ、新たな技術を提案し続けます。プロ選手は、直接身体に触れる部分は、非常に神経を使う選手が多くいます。特に、サドルは契約外の気に入った商品を使う選手がいるほどです。VELO社は、その厳しいサドル業界で揉まれてきて得た技術を、バーテープやグリップに展開しています。感触と感覚というデータにし難い商品を扱ってきたVELO社の製品には、職人技が感じられます。

VELO(ヴェロ)選び方

選び方

サドルやハンドルのように、身体と接触する部分は、他のパーツと違って、値段が高いからフィットするものとは限りません。自分に合うものが一番です。フラットバー用の3PT SLIM ERGO GRIP (3PTスリムエルゴグリップ) GP-VL-046はエルゴノミックデザインを採用し、衝撃吸収と分散、滑り難さを実現したグリップです。ワンポジションのフラットバーでは、力が一点に集中しやすいので、エルゴノミックデザインのグリップに変えると、格段に乗り心地がよくなります。バーテープも滑りやすいものは集中力を欠いてしまいます。RUBBER BAR TAPE (ラバーバーテープ)なら、雨の日でも滑らずに安心快適です。